2017年1月29日、坂戸山登山の模様です。
坂戸山登山:鳥坂神社→薬師尾根→坂戸山





昨日の権現岳から移動し、車中泊していた長野飯山を早朝出発。
快適なドライブで六日町まで移動。 当地はこの時期(冬季)の貴重な青空、これを逃す手はない。



暫し散策の後、程よい駐車場に車を停めると身繕い。
8時半頃、ゆるゆると歩き出した。



鳥坂神社より暫し登ると、赤い鳥居の建つ薬師尾根へでる。
流石は「毎日登山」の山、ラッセルとはならず、展望の良い急尾根を登って行く。




click_to_expand_12.gif    雪に埋まる鳥居
thum_Sakadoyama_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    程なく視界が広がる
thum_Sakadoyama_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    仙ノ倉山や飯士山
thum_Sakadoyama_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    金城山まで尾根が続く
thum_Sakadoyama_2017_0004.jpg






段差の激しいトレースと、ハイペースで次々に登ってくる登山者の圧力。
落ち着いた悠々登山とはならなかったが、約一時間ほどで坂戸山山頂に着いた。



標高600m程とは思えない、素晴らしい展望だ。
大好きな魚沼山塊や谷川連峰等が、田園を麓に聳える、雪国ならではの景観が広がる。






click_to_expand_12.gif    八海山
thum_Sakadoyama_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    中ノ岳~ネコブ山
thum_Sakadoyama_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    魚野川流れる田園風景が広がる
thum_Sakadoyama_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    坂戸山山頂部
thum_Sakadoyama_2017_0008.jpg






何時までも眺めていたいが明日は仕事、半時ほどで山頂を後に下っていく。





click_to_expand_12.gif    雪稜を振り返る
thum_Sakadoyama_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    クライマー発見
thum_Sakadoyama_2017_0010.jpg






11時過ぎ、下山。 越後の雪景色に舌鼓、穏やかな冬の半日でした。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




2017年1月28日、権現岳登山の模様です。 登山形態:単独
権現岳登山:天女山→前三ツ頭→三ツ頭→権現岳





早朝、車中泊していた中央道のSAを出発。
長坂ICで下車、途中のコンビニで腹ごしらえすると登山口へ。



身繕いを終えると7時前、権現岳へ向けゆるゆると歩き出した。
天女山の駐車場を過ぎ登山道へ入ると、やがて雪も顕著となってくるが、トレースに助けられラッセルとはならない。




click_to_expand_12.gif    天ノ河原から北岳・甲斐駒ケ岳
thum_Gongendake_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Gongendake_2017_0001.jpg






穏やかな尾根で、標高1900m過ぎまで高度を稼ぐと、やがて勾配がきつくなってくる。
急斜面を上りきり、尾根上の肩である前三ツ頭へでると、視界が開ける。






click_to_expand_12.gif    木曽山脈
thum_Gongendake_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    三ツ頭を仰ぐ
thum_Gongendake_2017_0004.jpg






吹きさらしの稜線から、再び樹林帯を抜けると、三ツ頭。
目指す権現岳や、赤岳の眺望が素晴らしい。






click_to_expand_12.gif    編笠山
thum_Gongendake_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    阿弥陀岳・赤岳
thum_Gongendake_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    権現岳
thum_Gongendake_2017_0007.jpg






いったん下った樹林帯のコルから、ゆるゆると上り返し、山頂部直下まで。
トラバースで左から回り込むように尾根へ出る。






click_to_expand_12.gif    三ツ頭を振り返る
thum_Gongendake_2017_0008.jpg






程なく、岩が積み重なった権現岳山頂が見えるが、ここはスルー。
更に稜線を暫く進んだ、キレットへの下降点で腰を落ち着ける。






click_to_expand_12.gif    白いギボシ 背後に北アルプスの連なり
thum_Gongendake_2017_0009.jpg






高気圧が移動性となり、北アルプスまで望まれる良コンディション。 この時期としては風も穏やか。
八ヶ岳随一の展望台からの眺めを、暫し楽しむ。






click_to_expand_12.gif    阿弥陀岳~赤岳
thum_Gongendake_2017_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    権現岳山頂部
thum_Gongendake_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    奥秩父方面
thum_Gongendake_2017_0012.jpg






満足するまで風景を味わうと、来た道を引き返していく。
明日の予定もあるので、若干急ぎ足で下り3時頃、快晴の八ヶ岳を後にした。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村