2010年3月22日 (晩冬)の男体山登山の模様です。



兼ねてから登りたいと思っていた、、積雪期の男体山登山に行って来た。

この連休を利用し、2日連続で晴れたら「鳳凰山」か「上州武尊山」に泊まりで行こうと考えていたのだが
天候が安定しない為、日帰り登山候補であった男体山へ登る事となった。
20日も晴れた為、蓼科山へ登ったのだが、空気が強烈に霞み展望も芳しくなかったので割愛する。

朝5時東京の自宅を出発、東北自動車道~日光宇都宮道路~いろは坂 を走ると
二荒山神社手前の有料駐車所に車を停める。
男体山へ登る登山者のものであろう車が、既に3~4台停まっている。

着替え・荷積みを済ますと7時30分頃、男体山へ向けゆるゆると歩き出す。

二荒山神社を、東側上部から回りこむようにして踏み跡を10分ほど辿ると夏道と合流
笹原の樹林帯を一定勾配で黙々と歩く。霜柱が激しく立っているが、雪は殆ど無い。

40分ほど登ると、管理用の車道と合流
ここが三合目となっており、樹木の間から、昨年2月に登った社山などが望まれ気分が良い。
更に車道を20分で四合目、中禅寺湖・社山・半月山などを眺めつつ休憩。

click_to_expand_12.gif    四合目より社山・黒檜岳方面
写真クリックで拡大

ここから再び登山道となり、円錐形山お約束の急斜面をジグ・直登を交えつつ登る。
20分で五合目まで来ると、ようやく登山道に雪が明瞭となる。
2日前に登った蓼科山とは違い、さすが奥日光、比較的雪もきれいである。

click_to_expand_12.gif    六合目付近より半月山方面
写真クリックで拡大

更に登ると、ところどころ日陰では雪が氷化しており、つるつる滑りだしたので
標高1900m付近でアイゼンを装着する。
まったく雪の着いていない岩場もあり、やはりアイゼンでは歩き辛い。

標高も2000mを超えてくると足尾山地方面の展望が開け
皇海山の向こうに、南アルプス・八ヶ岳・浅間山などが遠く望まれ始める。 よしよし!

click_to_expand_12.gif    皇海山の向こうに遠く南ア・八ヶ岳・浅間山
写真クリックで拡大

七合目まで来ると樹林帯のルンゼ状の急斜面を辿るようになり、ペースを落とし喘ぎつつ登る。
ここから暫し雪が深くなるが、雪も比較的締まっている為、問題なく通過。
一応ワカンを持ってきたのだが、3月中旬という事もあり、全く必要ない。

八合目でいよいよ森林限界を超え、完全に視界が開けると
ついに きたきた~~~~~!!!  雪でひときわ白い日光白根山がその姿を現す。
これだから積雪期の山ってやつは・・・・・・  たまらん!

click_to_expand_12.gif    きた~~! 姿を現す日光白根山(奥白根山)
写真クリックで拡大

ここから山頂までは、高度を上げるにつれパノラミックに展開する景色を味わいながらゆっくり歩き
10時50分頃、山頂部の稜線に到着した。

click_to_expand_12.gif    山頂直下急登より皇海山方面
写真クリックで拡大

先に見える山頂部より、左手突端にある二荒山太郎山神社の方が展望が良さそうだったので
そこまで行き暫く風景に浸る。

予想を超える素晴らしい展望である。
近く、日光白根山・女峰山・太郎山・燧ケ岳・至仏山・皇海山
遠く、南アルプス・八ヶ岳・浅間山・四阿山・草津白根山・北アルプスなどなどが一望の下だ。

click_to_expand_12.gif    山頂付近より女峰山・大真名子山方面
写真クリックで拡大

click_to_expand_12.gif    太郎山神社より日光白根山方面
写真クリックで拡大

今年に入ってから天候と運に恵まれず、すんなり目標の山に登れない事が続いていたが
そういった鬱憤を払拭させてくれる風景である。

click_to_expand_12.gif    男体山山頂付近より燧ケ岳(左奥)・太郎山
写真クリックで拡大

風景を堪能しつつ山頂部の尾根を散策すると、岩に巨大な剣が刺さった男体山山頂で昼飯。
風も弱く暖かい3月の日差しの下、たっぷり1時間30分ほども憩うと12時20分頃
後ろ髪引かれつつ、下山を開始する事とする。

click_to_expand_12.gif    男体山山頂より日光白根山・至仏山(真ん中奥)・燧ケ岳
写真クリックで拡大

六合目でアイゼンを外すと、氷化した雪でたまに転びながら下り3時35分頃、駐車場に戻った。
雪山シーズン終盤に、ようやく素晴らしい風景を味わう事ができて良かった。
久々に楽しかったなぁ~~~・・・・・・・・

え~~ ちなみに男体山二荒山神社コースは冬季登山禁止です。 
白々しいですが、くれぐれも自己責任という事で・・・・・・・・・・



男体山登山の軌跡(GPSログ)
map_nantaisan.jpg


[データ]

 登山日  2010年3月22日
 入 山  午前7時30分頃
 下 山  午後3時35分頃
 人 数  2人
 服 装  厚手インナー
       薄手丸首フリース
       冬用アウター(ハードシェル)
       中綿入りズボン
       薄手グローブ 
       雨具下
 装 備  アイゼン(10本爪)
       ピッケル


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/95-8667a6c6