2010年1月9日、冬の榛名山登山の模様です。



朝5時東京の自宅を出発、蓼科山に登る予定で中央高速に乗る。
で、甲府辺りで八ヶ岳が見え始めるのだが、山頂付近が雲に覆われているのだ。 う~~む・・・
諏訪湖まで来ると蓼科山も見え、やはり雲に覆われているようである。

冬型が弱まったので、八ヶ岳までは雲が吹き出さないだろうと思っていたのだが、さすがに1月
「移動性の高気圧に覆われる」か、「更に冬型が弱まる」状態にならないと、快晴は望めないらしい。

と言う事であっさり蓼科山登山は断念
このまま帰るのももったいないので、高速道路1000円の恩恵を使い、このまま北上
長野道・上信越道を乗り継ぎ、晴れていたら四阿山へ、駄目だったら榛名山に登る、という事になった。
なんだかここ最近、すんなり目的の山に登れない事が多い。

雪雲に覆われた北アルプスを過ぎ、更埴まで来ると四阿山も雲に覆われているのが見えたので断念
東方に進むにつれ2008年年末に登った浅間山が見え出し、どうやら雲に覆われていないようなので
運転している友人Pに浅間山登山を打診するが、Pは「低山好き・楽したがり野郎」の為却下。

後ろ髪引かれつつ浅間山を後に更に東方へ進む。
右手に妙義山を眺めつつ松井田妙義インターで下車、一般道を40分ほどでようやく榛名湖に着いた。
既に11時前、東京を出発してから6時間近くも経過してしまった。いやぁ~~ 馬鹿だねぇ・・・

ヤセオネ峠バス停の先の駐車スペースに車を停め、着替え・荷詰みを終えると11時頃
ほぼノープランの状態で、とりあえずは相馬山に向けゆるゆる歩き出す。
これほどテンションの上がらない登山も初めてである。

鳥居をくぐり、ここ最近降ったばかりであろう柔らかい雪を踏みしめつつ20分ほど進むと分岐
ここを左手相馬山方面へ行くと急尾根となり、高度を稼ぎ出していく。
クサリ・鉄ハシゴなどで急な岩場をパスし、更に20分ほどの上りで神社のある相馬山山頂へ着いた。

click_to_expand_16.gif    樹間より榛名富士・鬢櫛山・烏帽子ケ岳
写真クリックで拡大します

南方関東平野方面の視界は開けているものの、それ以外は樹木に覆われており今ひとつである。
木の間から谷川岳・苗場山方面、浅間山・四阿山方面などを眺めつつ昼飯。

40分ほど陽だまりで憩った後、榛名富士へ行こうという事に決まり来た道を下っていく。
再び分岐までやって来るとここを直進、まずは磨墨(スルス)岩を目指し、整備され過ぎた道を下る。

下りきった辺りに東屋がたっておりここを磨墨峠と言うらしい。目の前にはこれから上る磨墨岩が見える。
あとは看板に従い岩奥に進み、最後岩の一上りで磨墨(スルス)岩に立つ。

なかなかの展望ではないか!
眼前に榛名富士、左手に榛名湖、その奥に浅間山が望まれ、ここでようやくテンションが上がってきた。
振り返ると、先ほど憩った意外に鋭い相馬山が青空に映える。
なんだかんだでここまで来て良かったなぁ・・・

click_to_expand_16.gif    スルス岩より榛名富士
写真クリックで拡大します

click_to_expand_16.gif    スルス岩より相馬山
写真クリックで拡大します

暫し風景を味わい再出発
下りきってしまうと、車道と併走するように草原を歩き1時40分頃、いったん車道に出る。

車道をショートカットするように草原に足跡が付いているのでそれを辿り歩いて行くと
榛名富士ロープウェイ乗り場へ出た。

榛名富士裾野を巻くように車道を進むと、「榛名富士登山口」の看板に導かれ
山頂を目指しゆるゆる上って行く。

円錐形山独特の単調な道を上る事35分、榛名富士ロープウェイの山頂駅へ到着。
右手に展望台があるようなので、いったんそこで小休止する。

相馬山・磨墨岩の向こうに広がる関東平野の展望がなかなか素晴らしい。
ここ、関東平野のベストビューポイントの一つではないだろうか。きっと夜景もきれいであろう。

click_to_expand_16.gif    榛名富士ロープウェイ展望台より相馬山の向こうに関東平野
写真クリックで拡大します

暫し憩った後階段を3分も上がると、神社のある榛名富士山頂へ着く。
谷川岳・苗場山方面などは相変わらず木々に覆われ展望が利かないが、東方に赤城山が見える。
ここ最近続いた強い冬型の影響で、赤城山麓までうっすら雪化粧している。

赤城山以北の山は軒並み雪雲に覆われており、晴れていれば見えるであろう上州武尊山も
雲の向こうである。やはり未だ冬型が強いようである。

観光客に囲まれつつ、今ひとつ落ち着かずに20分ほど休憩するとロープウェイ乗り場へ戻る。
歩いて下るのも面倒なので、15時15分初のロープウェイで下界まで降りる。

あとは相馬山・磨墨岩などを眺めつつ淡々と車道を歩くと4時頃、ヤセオネ峠の駐車場へ戻った。
右往左往したものの、まあ気持の良いハイキングが楽しめた。
これで上毛三山(妙義山・赤城山・榛名山)を征したと言う事もあり、良しとしよう。

次回は美しい雪山風景を楽しむ登山をしたいものだが・・・



榛名山登山の軌跡(GPSログ)
harunasan2010_map.gif

[データ]

 登山日  2010年1月9日
 入 山  午前11時00分頃
 下 山  午後4時00分頃
 人 数  2人
 服 装  厚手インナー
       薄手丸首フリース
       冬用アウター(ハードシェル)
       中綿入りズボン
       雨具ズボン
       薄手グローブ
       ネックウォーマー
       

登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/86-5b3869c4