2010年1月2日、正月遠征登山第2弾、金峰山登山の模様です。



蓼科山へ登る予定で、朝5時10分頃、茅野のビジネスホテルを出発、快晴である。
暫く走行すると、八ヶ岳・蓼科山方面の視界が開ける。
が、半ば予想通り、ここ数日の強烈な寒波の影響で、雪雲にすっぽり覆われているのが見える。

迷わず蓼科山へ登るのは中止、とりあえず中央高速で東京方面へ向かい
金峰山上層に雲がかかっていなかったら金峰山を登り、雲に覆われていたらこのまま帰る
という様な心積もりで車を走らせる。

暫く南下すると金峰山が見えるようになる。
どうやら雲はかかっていないようなので、気乗りしない様子の友人Pをなだめ、金峰山へ登る事とする。

8時過ぎ瑞牆山荘を出発、この道を歩くのは2年前瑞牆山へ登って以来である。
40分ほど樹林帯を登り、樹間より北方の視界が開けると、瑞牆山の岩峰が見える。
更に一登りで富士見平小屋、テントが2~3張り見える。

click_to_expand_12.gif    樹間より瑞牆山
thum_Kinpusan_2010_0001.jpg

飯森山を南からトラバースするように気持の良い樹林帯を上り、いったんコルまで下ると大日小屋、
ここもテントが1つ張ってある。

ここから上り返すと、斜面がきつくなりだした為アイゼンを装着
尾根まで上りきると10時40分、巨岩積み重なる大日岩へ到着、小休止とする。

click_to_expand_12.gif    大日岩
thum_Kinpusan_2010_0002.jpg

ここでよやく上空の視界が開け、端整に尾根を広げる美しい金峰山が望める。
パンなどを貪りつつ、20分ほど休憩すると出発、明瞭な急尾根道をゆるゆると進んで行く。

click_to_expand_12.gif    大日岩より金峰山
thum_Kinpusan_2010_0003.jpg

1時間も黙々と、相変わらず展望の開けない尾根を上ると「砂払ノ頭」
ここで森林限界を超え、巨岩「五丈石」を従える金峰山山頂部が見え出す。
背後を振り返ると、小川山・瑞牆山の奥に雲に覆われた八ヶ岳、南アルプスなどが見える。

click_to_expand_12.gif    ようやく森林限界 砂払ノ頭より金峰山を仰ぐ
thum_Kinpusan_2010_0005.jpg

小川山・瑞牆山
thum_Kinpusan_2010_0004.jpg

ここからは吹きさらしの尾根歩きとなる為、厚手のフリース・厚手のグローブ・ゴーグルを装着
視界が開けた事でテンションも上がりつつ、尾根をえっちらほっちら登っていく。

click_to_expand_12.gif    近づく山頂
thum_Kinpusan_2010_0006.jpg

砂払ノ頭から40分ほどで、五丈石を右手に通り過ぎると12時35分
岩の積み重なった金峰山山頂へようやく到着した。

360度の視界である。
強い冬型の為、南アルプス・八ヶ岳など標高の高い山は軒並み雪雲に覆われているものの
積雪期登山ならではの達成感・充実した気持が湧き上がる。

click_to_expand_12.gif    金峰山山頂より甲武信ケ岳・国師ケ岳方面
thum_Kinpusan_2010_0007.jpg

にしても当然の事ながら寒い。
マイナス10度まで計測できる友人Pの時計が計測不能となっている事から、恐らくマイナス15度位か

五丈石・富士山・甲武信ケ岳・国師ケ岳・小川山などを眺めつつ30分ほど過ごすと
日没が迫りつつある事も考え、下山を開始する事とする。

click_to_expand_12.gif    五丈石
thum_Kinpusan_2010_0008.jpg

1時間20分ほど一気に下ると2時20分、再び大日岩に到着
金峰山頂では、寒くてとても食う気にはなれなかった昼飯も兼ね、小休止。

大日岩を一上り、北部に回りこむと、美しい瑞牆山を眺めつつパンなどを貪るように食らう。
ここ、瑞牆山のベストビューポイントではないだろうか。

click_to_expand_12.gif    大日岩より瑞牆山
thum_Kinpusan_2010_0009.jpg

最近購入した魔法瓶、「サーモス山専ボトル」で保温されたありがたいお湯で体を温めつつ
20分ほども憩った後出発。

飯森山をトラバースするようになるとアイゼンを外し、慎重に下る。
富士見平小屋まで来るとテントが若干増えており、どうやらココ、金峰山・瑞牆山の2山を登る人達の
ベースになっているようである。

ここから更に一下りで4時30分、瑞牆山荘に到着した。
骨折している左足かかとの状態も、どうやら大丈夫のようで一安心
予定通りには行かなかったものの、まあ満足の年始を過ごせたのではないだろうか。



今回歩いた軌跡(GPSログ)
kinpusan_gps.gif

[データ]

 登山日  2010年1月2日
 入 山  午前8時00分頃
 下 山  午後4時30分頃
 人 数  2人
 服 装  厚手インナー
       薄手丸首フリース
       厚手襟付きフリース(砂払ノ頭より上部で装着)
       冬用アウター(ハードシェル)
       中綿入りズボン
       雨具ズボン
       中厚グローブ(砂払ノ頭より上部で装着)
       薄手グローブ
       目だし帽
       薄手フリース帽子

 装 備  10本爪アイゼン
       ダブルストック
       ゴーグル


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/85-dfd48032