2009年8月6日北海道遠征登山第12弾にして北海道遠征最終登山
快晴の大雪山お鉢平&花畑を満喫 黒岳→北海岳→白雲岳→赤岳縦走登山の模様です。



朝4時頃層雲峡のキャンプ場で起床、空を見上げると各所に雲が、
「この雲は低層の薄い雲で山頂部は晴れているに違いない!」と判断し
予定通り層雲峡・銀泉台を縦走する事とする。北海沢周辺の花畑を楽しみにしての登山だ。
また、これが今夏最後の北海道登山となるので、なんとなくお鉢平で締めくくりたかった事もある。

朝飯を食らうと5時過ぎキャンプ場を出発
途中セブンイレブンで山飯を調達すると、層雲峡温泉の駐車場へ5時30頃到着。
着替え・荷済みを終えると、ロープウェイ乗り場へ行き片道切符を購入。

始発6時発のロープウェイに乗ると5分ほどで5合目
途中低層の雲を抜け、北大雪の山々が眼前に見え出すと車内で歓声が上がる。

5合目駅から3分ほど歩くとリフト乗り場、リフトは6時30営業開始となっているが
ロープウェイの始発時間に合わせて既に運行を開始している。
ここでリフト券を購入し、リフトに15分ほど揺られると8合目へ到着する。快晴である!!

ここから黒岳までは急斜面を、岩・階段で緩やかに踏み上げて高度を上げていく。
ここ連日の晴天の為、これで3日続けて山に登っている為、昨日に輪をかけて足が重い。
7月12日にこの道を歩いた時は、道上にまだ雪がけっこう残っていたのだが、さすがにもう融けた。

click_to_expand_12.gif    黒岳9合目付近よりよりニセイカウシュッペ
写真クリックで拡大

逆行にシルエットで連なる北大雪の峰々を眺めつつ、マイペースで鈍い足をえっちらほっちら進めると
7時30分頃、黒岳山頂に到着した。

空が青く澄んでいる  快・快・快っ晴~~~~~~である!!!
朝日を浴びる北海岳・白雲岳・間宮岳・北鎮岳などお鉢平周辺の山々、実に清々しい風景だ。
何度か黒岳には来ているが、これほど清涼な空気感を味わうのは初めてだ。
「やはり山は朝に限る!!!!!」

黒岳山頂より御鉢平方面
写真クリックで拡大

清々しい風景・空気から、体にエネルギーが注がれるかの様な感覚を味わいながら下っていくと
黒岳石室手前の花畑へでる。
チングルマエゾノツガザクラヨツバシオガマなどが、まだ元気に咲いており嬉しい。

黒岳石室付近の花畑
写真クリックで拡大

花々を眺めながらのんびり進むと石室分岐、ここを北海岳方面へ左に折れる。
ここから赤石川までは随所に花畑が展開し、最盛期には極楽風景が拡がるのだ。
既に盛りは過ぎているものの、所々で元気の良いチングルマヨツバシオガマコザクラなどが見られた。

元気の良いチングルマ
写真クリックで拡大

赤石川
写真クリックで拡大

赤石川を石積みブロックで渡り、少し歩くと北海沢が見えてくる。
沢周辺の融雪が進みコザクラミヤマキンバイが満開、所々ハクサンイチゲも見られ楽園地帯である。

北海沢周辺
写真クリックで拡大

北海沢周辺 黄色いのはエゾノリュウキンカ
写真クリックで拡大

北海沢を離れると明瞭な上りが開始、高度を上げるに従いお鉢平が眼下に見え始めてくる。
7月中旬にはツガザクラ・チングルマが群生する花畑を過ぎ、白雲岳が見え出すと北海岳山頂は近い。

お鉢平の淵、ガレ地の稜線を
遠くトムラウシ・十勝連峰を見ながら最後の一上りで9時30頃、北海岳山頂へ着いた。

なんと明瞭な風景だろう・・・ 8月だというのに空気が澄み渡っており景色の輪郭がクッキリとしている。
その鮮明さに、お鉢平全体が、まるで海の上に浮かんでいるかのような感覚にとらわれる。
これほど明瞭なお鉢平は初めて見た。

北海岳より眼下に御鉢平
写真クリックで拡大

「やっぱりお鉢平に来て良かった・・・・・・」 最後の締めくくりに相応しい大展望である。 ありがたい

風景を十分味わった後、北海岳分岐を折れ白雲岳方面へ、なだらかな道を進んでいく。
40分ものんびり歩くと、白雲岳下の花畑にでる。
やはりここでも多くのエゾノツガザクラチングルマミヤマキンバイ・ヨツバシオガマなどが彩りを添ており
大雪山らしいのびやかな風景である。

白雲分岐付近の花畑
写真クリックで拡大

白雲分岐付近の花畑
写真クリックで拡大

花畑を過ぎ少し上ると白雲分岐、ここを右手に進み白雲岳山頂へ向かう。

緩やかな岩ゴロをいったん上りきると平坦地、目指す白雲岳山頂部が見えてくる。
エゾヒメクワガタなどの花畑を過ぎ、再び岩ゴロの一上りで11時過ぎ、白雲岳山頂へ着く。

白雲分岐付近より白雲岳
写真クリックで拡大

今夏2度目の白雲岳、昼飯を喰らいながら、後旭の雪渓模様・お鉢平方面などを眺める。
雲が上がりつつあるものの、前回緑岳経由で上った時より空も青く、まあ、良しとしよう。

白雲岳より後旭の雪渓
写真クリックで拡大

40分ほどボケ~~~っとすると白雲岳山頂を出発、来た道を引き返し再び白雲分岐へ
ここを真っ直ぐ進み、たおやかな礫地の丘状斜面を上って行く。
7月初旬であれば、ウルップソウ・タカネスミレ・キバナシオガマなどが辺りを彩っている筈である。

今夏最後の大雪山散歩を味わいつつ、ゆっくりゆっくり歩き、12時40分頃岩積の赤岳山頂だ。
岩によじ登り北鎮岳などを見ていると、山頂下の平地に横になっている人の姿が、眠っているようだ。
1時頃まで赤岳山頂で過ごすと、いよいよ下山を開始する事とする。

右手の岩積みが赤岳山頂
写真クリックで拡大

駒草平でいったん休憩、8月初旬という事で、群生しているコマクサも既に元気がなく
どの株もだら~~っと頭を垂らしている。

奥ノ平・第2花苑・第1花苑と続く花畑(いずれも適期ではなかった)を過ぎ
3時30分発のバスに合わせながら、ゆっくり下っていくと3時過ぎ、銀泉台へ到着した。

暑いので、旧銀泉台ヒュッテの日陰に座り込み、登山靴を脱ぎ足をぶら~~~~~~
っとほどなくバスがやって来たので乗り込むと出発。
50分ほど揺られると層雲峡温泉に到着、更に5分ほど歩くと4時30分頃駐車場へ戻った。

天候不順でどうなるかと思った北海道遠征も、ここ連日の晴天でなんとか帳尻があった感じである。
天候回復前に本州へ帰らざるを得なかった友人Pには残念であったが
今年の目的だった石狩連峰大雪山裾合平を楽しむ事もでき、まあ、満足している。
この先も北海道は晴れが続く予報がでているのだが
花の時期も終わりを迎え、もう今シーズンは登りたい山も無いので、北アルプス周辺の天気次第で
本州へ渡るつもりだ。

晴れてくれた天気と、今年も素晴らしい風景を見せてくれた北海道の山々に感謝である。


北海道の写真コチラからどうぞ


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/83-f1e2f3a1