丹沢は広沢寺でロッククライミングをやった。
過去岩登り講習を通じ、ガイドさんと共に、三ツ峠小川山を攀じ登った事はあったのだが
今回初めて指導者無し、友人Pと外岩素人2人でロックをクライミングしてしまった。

広沢寺・弁天岩
koutakuji2009_11_22_001.jpg

緊張感の中
リードで登る
終了点でトップロープ支点を構築する
ロアーダウンでヌンチャク回収
終了点でロープの架け替え
懸垂下降
と、ロッククライミングに必要であろう一連の動作を、グダグダになりつつもなんとかこなした。

以前体験した岩登り講習では、安全面を考慮し
こういった重要なシステム構築は全てガイドさんがやってしまい、自らが関与する余地が殆ど無かった為
今考えると、学ぶべき事は非常に少なかったように思う。

今回素人2人で外岩デビューするに当たり、さすがに楽観的な僕も危機感を感じたので
事前にクライミングの技術書を参考に、ある程度のイメージトレーニングをしていった。

やはりこうして自ら考え、自ら色々な事に対処し、ステップアッップしていく事が
技術習得の一番の近道ではないか、と感じた。

ビレイする友人P
koutakuji2009_11_22_003.jpg

またクライミングテクニックとしては
広沢寺の弁天岩は比較的簡単なスラブルートがいくつかあったので
外岩では必須テクニックの一つ、スメアリングの感覚をつかむのに、良い練習となったのではないか。

次回は栃木県の古賀志山なんぞを攀じ登ってみるつもりだ。
で、もう少し外岩に慣れたら
シングルロープでマルチピッチ → ダブルロープでマルチピッチ → 本チャンルート
と進んでいく予定。

右スラブルート終了点より周囲の色づき
koutakuji2009_11_22_002.jpg

にしても、強烈な渋滞にはまり、僕の家(東京都北区)から
たかだか広沢寺(厚木のちょっと先)まで往復7時間もかかったのには閉口したのだった・・・・・


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/76-95fcf32a