2009年9月20~21日 シルバーウィーク
秋の白峰三山縦走1日目 広河原八本歯のコル北岳北岳山荘 の模様です



[前日]

この秋の大型連休で登りたい山の候補として
(1) 奥穂高岳→西穂高岳 (2)荒川三山→赤石岳 (3)飯豊連峰 と3つの候補があった。
で、前日の週間天気予報から判断し、奥穂高岳→西穂高岳を歩こうという事に決める。

夕方5時30分頃、仕事を終えた友人Pの車で東京を出発。
首都高速に乗り中央環状線へ入ると、のっけから渋滞である。 恐るべし、シルバーウィーク!
今回は友人Pの休日に日程を合わせた為、もろにシルバーウィークと重なってしまったのだ。

なんだかこうしてキツイ渋滞にはまりながら、これから向かおうとしている奥穂高岳の事をふと考えると
「人気コースだけあって、もの凄っげ~~人が多くて、山でも渋滞するんだろうなあ~~・・・・」 とか
「奥穂高山荘のテン場、混んでて張れなかったらどうしよう~~・・・・・」 とか
なんだかネガティブな事ばかりが頭に浮かび、非常に憂鬱になってくる。

そもそもPは岩稜嫌いで、奥穂高岳→西穂高岳に関しては今ひとつ乗り気な感じでもない。
僕も僕で 「どうせなら一度も入った事のない山域へ行ってみたい」 という気持が強くなってきて
今夜の泊地である岡谷へ到着するまでには
南アルプスは白峰三山北岳間ノ岳農鳥岳)へ登ろうという事に、気持が固まっていたのだった。
(気分と天気次第で行き先を変えるのは、毎度の事である)


[1日目]

朝5時30分頃、岡谷のビジネスホテルを出発、岡谷インターから中央道へ乗る。
シルバーウィークとはいえ、上り方向だけあってさすがに空いている。

韮崎インターで降りると国道20号・国道52号・県道20号で、芦安へ。
南アルプス林道はマイカー規制をしている為ここで車を駐車し、登山口の広河原までバスで行くのだが
既に正規の駐車場は満車のようで、係員の指示に従い臨時駐車場へ車を停める。

臨時駐車場の一角に登山者が並んでおり、どうやらそこにバスが来る事になっているようだ。
(普段はこんなところにバスは停まってくれず、バス停まで相当歩かなければならないらしい。)
7時30頃、3台やってきたバスに、並んでいた登山者が分乗すると7時45分頃、バスは出発した。

芦安温泉を過ぎると急坂のワインディングを唸りながらバスは行く。これが噂の「夜叉神峠」か。
上り切ると「夜叉神峠駐車場」、ここは鳳凰三山の登山口としてよく利用されるところで
やはり満車状態である。どうやらここから先がマイカー通行止めとなっているようだ。

対向車のバス・乗り合いタクシーとの擦れ違いに苦労しながらゆっくり進み
8時50頃、ようやく「広河原」に到着した。 バスから降りると気持のよい快晴である。

広河原より北岳
kitadake2009_11_1_001.jpg

しばらく林道を引き返すと、左手に吊橋があるので、それを歩き野呂川を渡る。
右手に広河原山荘を見ながら、大樺沢沿いの登山道をゆるゆる歩いて行く。

歩き出して20分もすると白根御池小屋分岐、ここを左手「八本歯のコル」方面へ進む。
同じバスでやって来た人間が、ほぼ一斉に歩き出す為、登山者が多い。

1時間ほど樹林帯を歩くと休憩、沢の水を汲んでゴクゴク飲む。
基本的に沢筋を登っていくコース、水汲み放題でありがたい。

更に30分も歩き、右岸を辿るようになると視界が開けるようになり、北岳東壁が右手に見え出す。
おお~~~ あれが北岳バットレスかあ・・・・・・・

二俣辺りより北岳バットレス
kitadake2009_11_1_002.jpg

ここから傾斜がだんだんときつくなり始め、明瞭に高度を稼いでいく。
12時頃「二俣」の分岐に着き、背後を振り返ると地蔵岳・観音岳の白い頭が見える。
にしても天気が良い! 初秋の爽やかな気候、まったくガスる気配がない

「二俣」を過ぎ30分も歩くと、木の階段が連続し始め、踏み揚げに段々と足が重くなる。
イカン 乳酸がどんどん溜まっていく。

ふとバットレス方向を見ると、岩の下部にヘルメットを被った人の姿が
どうやらバットレスを攀じ登る人達のようだ。 「おお~~ ここから岩に取り付くのかあ~~」

団体さんで所々渋滞する階段・急登を詰めると1時40頃、尾根「八本歯のコル」へ出た。
人が多く落ち着かないので、八本歯の頭まで上り休憩する。

八本歯の頭より甲斐駒ケ岳kitadake2009_11_1_004.jpg

北岳バットレスが眼前にそびえ壮観な眺めだ。 北方には遠く甲斐駒ケ岳
南方には明日登る間ノ岳が望まれ、南アルプスにやって来たのだなあ~~っと改めて実感する。

八本歯の頭より北岳バットレス
kitadake2009_11_1_003.jpg

八本歯の頭と富士山
kitadake2009_11_1_005.jpg

風景を堪能したら出発、ここから北岳へ向け急斜面が続く。
北岳山荘への分岐となっている「北岳トラバース道分岐」を過ぎ、更に一上りで「吊尾根分岐」
ここで西方の展望が開け、仙丈岳が姿を現す。

北岳上りより仙丈岳kitadake2009_11_1_007.jpg

ここに荷物を置くと足取りも軽く、北岳へ向け最後の登りを開始
高度を上げる毎に存在感を増していく間ノ岳などを振り返りつつ急斜面を登りきると4時前
風も穏やかな北岳山頂へ着く。 
が、人が多く落ち着かないので更に5分ほどのアップダウンで、山頂北方のピークで休憩する。

北岳より甲斐駒ケ岳
kitadake2009_11_1_010.jpg

甲斐駒ケ岳の展望がきれいだ。 傾いた西日が山肌に陰影を付けており美しいコントラスト。
南方には甲府盆地の向こうに富士山がそびえ、南アルプスらしい風景である。
っかし最高の天気だ。 1日中晴れっぱなしなんてめったにない事で、なによりの贅沢だ。 感謝!!

北岳山頂部と富士山kitadake2009_11_1_008.jpg

北岳より鳳凰山
kitadake2009_11_1_009.jpg

十分憩ったら出発、上った道を引き返し再び「吊尾根分岐」まで下る。
ここで置いておいた荷物を改めて背負い、今夜の幕営地である北岳山荘までゆっくり下っていく。

北岳下りより間ノ岳kitadake2009_11_1_006.jpg

下りつつ背後を振り返ると、端整に突きあがる北岳が思っていた以上に険しく見え、なかなか美しい。
ウラシマツツジも色づいており、ここにはもう秋が訪れているようだ。
尾根を下りきると5時前、北岳山荘へ到着した。

意外にカッコイイ北岳を仰ぐ
kitadake2009_11_1_011.jpg

幕営の受付をしに山荘へ行くと、もの凄い人でごった返している。
入り口付近には「山荘宿泊の方、今日は一畳に3人となります、ご了承下さい」 ってな張り紙が
いやあ~~~  想像しただけでも恐ろしい状況だ・・・・・・

ここ、テン場が広いので、周りに誰も居ない場所を探すと、そこでのびのびテントを張る。
地面もフラットで言う事無しである。

アルファ米のカレーピラフ・カロリーメイト・たまごスープで飯を済まし、ちろっとジョニ黒(貰い物)を飲むと
8時頃、明日の快晴を信じ、寝袋にくるまった。

次回は、間ノ岳→西農鳥岳→農鳥岳→大門沢テン場→下山 の模様です。 お楽しみに!



[データ]

 登山日  2009年9月20日(1日目)
 入 山  午前9時00分
 テン場  午後17時00分
 人 数  2人
 服 装  半そでシャツ 中厚ズボン 長袖丸くびシャツ(夕方に装着)


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村





関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/71-3dda3fdf