かねてから歩いてみたかった奥穂高岳西穂高岳縦走してきた。
スリルある岩稜歩き、穂高らしい岩山の山岳風景、涸沢の紅葉などを楽しみにしての登山である。

[1日目]
朝4時前、長野のビジネスホテルを出発。
秋の連休という事で、上高地に近い松本周辺の宿は軒並み満室で取れず、長野に宿泊したのだ。

長野インターから長野道へ入り松本インターで下車、国道158号を飛ばすと6時前、沢渡へ到着。
第一駐車場は既に満車なので、少し先の第三駐車場にスペースを見つけ、車を駐車する。

上高地への往復チケットを買うとすぐバスがやってきたのですかさず乗車、奥の方に座る。
30分も揺られると6時40分頃、上高地へ着く。
上高地へ来るのは、昨年の奥穂高岳槍ヶ岳縦走以来、これで2度目である。

バスを降り5分も歩くと、上高地の観光写真で有名な「河童橋」に着くが
未だ霧が晴れきっていない為上層部は見えず、穂高連峰を望む事はできない。

前半は梓川沿いに平坦な道を淡々と進む。
色づく明神岳や、表銀座方面の尾根などを望みつつゆるゆる歩くと9時20頃、横尾分岐に到着。
テン場には、涸沢や奥穂高岳へピストンする登山者のものであろうテントが、沢山張ってある。

横尾吊橋より 左奥が明神岳
okuhotaka2009_10_18_001.jpg

吊橋で梓川を渡ると樹林帯へ、ようやく明確な登山道となる。
左手を見ると名に聞く屏風岩が圧倒的迫力でそびえている。「いつか攀じ登ってやる!」と独り凄む。

屏風岩を仰ぐ
okuhotaka2009_10_18_002.jpg

ここいら辺から、涸沢へ行って来たのであろう多くの登山者と擦れ違いだし
前回シルバーウィークの白峰三山縦走の時と同様、人の多さには辟易する。

1時間ほど横尾谷沿いに歩くと「本谷橋」という吊橋に到着。
橋下の河原で休憩しようかとも思ったが、めちゃめちゃ人が多いのでスルー、さらに歩く。

ここから暫く急坂が続き、ようやく高度を稼ぎ始める。上方の視界が開けると、前方にかっちょいい
山体が、 山頂付近に小屋が見えると言う事はどうやら「北穂高岳」である。
色づく木々岩肌青空とのコントラストが美しく、登行意欲が湧いてくる。

かちょいい北穂高岳
okuhotaka2009_10_18_003.jpg

更に涸沢沿いに上っていくと、うっすら雪化粧した荘厳な岩の連なりが姿を現す。
「奥穂高岳」だ。 かっけ~~~!!  やっぱり北アルプスっていいね!!!

奥穂高岳 涸沢岳
okuhotaka2009_10_18_004.jpg

紅葉と山岳風景を楽しみながらゆるゆる歩くと12時頃、「涸沢小屋」「涸沢ヒュッテ」の分岐へ
ここを左「涸沢ヒュッテ」方面へ石段を上ると「涸沢ヒュッテ」へ着いた。

ヒュッテ裏が展望台となっており、北穂高・涸沢岳・奥穂高・前穂高が一望の下、仰ぐ事ができる。
テン場には色とりどり、テントの花が咲いている。

涸沢ヒュッテより涸沢岳・北穂高岳okuhotaka2009_10_18_005.jpg

涸沢小屋方面へ少し下ると直ぐに分岐、左手へ折れ雪渓を渡ると、ガレ斜面で高度を上げていく。
暫く上ると、山岳写真でよく使われる撮影ポイントへ着くが、既に葉っぱが涸れている為絵にならない。

日中の気温が上がらなかった事・台風が通過した事などで、葉っぱが色づく前に涸れてしまい
今年の涸沢の紅葉は、どうも今ひとつだったらしい。

奥穂高岳上りより涸沢岳を仰ぐ
okuhotaka2009_10_18_006.jpg

涸沢小屋からの道と合流するとトラバース気味に左へ巻いて行き
1時30分頃岩尾根の基点まで来た。 ここからは岩尾根「ザイテングラート」の急登となる。
左手を見ると薄っすら冠雪する岩峰「前穂高岳」が迫力である。

ザイテングラートより迫力の前穂高岳
okuhotaka2009_10_18_007.jpg

登山者に踏まれ滑りやすくなった雪や、下ってくる登山者に気を付けながら手足を使って登る。
明瞭なナイフリッジや垂直壁などがある訳ではないので、危険な箇所は無い。
やがて岩尾根からガレ斜面となり、一上りで3時前、奥穂高山荘へ着いた。

すかさずテン場をチェックすると、悠々脹れそうで一安心。
ヘリポートの右手奥の広いスペースが空いていたので、とりあえず張ってしまってから受付を済ます。

暫しボケーっとしていると、先ほどまで湧きつつあったガスも徐々に晴れてきたようなので
涸沢岳へ登る事とする。

風景を楽しみつつのんびり登っていくと10分ほどで、圧巻の展望が拡がる涸沢岳へ到着。
奥穂高岳ジャンダルム前穂高岳と荘厳な岩峰の連なりが最っ高~~に素晴らしい!!!
折りよく積もってくれた雪のおかげで、吸い込まれるような神々しささへ漂って見える・・・・

奥穂高岳・ジャンダルム
okuhotaka2009_10_18_008.jpg

前穂高岳・奥穂高岳
okuhotaka2009_10_18_009.jpg

北方には北穂高岳の向こう、流れる雲間から天を指す槍ヶ岳が望まれ
「言う事無し!!」 である・・・  色んな思いと躊躇を振り払ってここまで来た甲斐があった。

北穂高岳の向こう 天指す槍okuhotaka2009_10_18_010.jpg

30分も風景に耽溺していると、徐々に風も冷たくなってきたのでテン場へ戻る事とする。
大満足の涸沢岳だったなあ~~~~~

奥穂高山荘で水を調達し夕げ、アルファ米五目飯・味噌汁・カロリーメイトを平らげると
ウィスキーをちびちび、 既にテント内の気温は0度付近だ。
奥穂高岳山頂の最低気温予想はマイナス7度だったので、まあ当然の冷え込みだ。
よりによってこんな時にテントマットを忘れてしまった自分を呪う。

テン場よりモルゲンロートの奥穂高岳okuhotaka2009_10_18_011.jpg

ウォームアップシーツダウンシュラフシュラフカバーホカロンで身を包むと7時頃
安眠と明日の快晴と安全を願い、横になった。

2日目 奥穂高岳→ジャンダルム→西穂高岳の模様はコチラ



[データ]

 登山日  1日目 2009年10月11日
 入 山  午前6時40分
 テン場  午後3時00分
 人 数  1人
 服 装  厚手のアンダーウェア(常に装着)
       長袖丸くびシャツ(常に装着)
       薄手の丸くびフリース(朝夕に装着)
       中薄ズボン(常に装着)
       雨具上(朝夕に装着)
 

登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/69-4b1e1278