今年初の夏山登山として日光白根(奥白根)山を登ってきた。
夏の北海道・北アルプス遠征登山を前に、いくつか確認しておきたい事もあっての登山である。

朝4時30分頃宇都宮のビジネスホテルを出発
日光宇都宮道路を清滝まで走り「いろは坂」を上り中禅寺湖、戦場ヶ原を通り過ぎしばらく走ると
6時前、ようやく登山口である金精峠に到着した。

駐車場奥の登山口を入ると、6時頃ゆるゆると歩き出す。

のっけから急登となっており、随所に階段が設置してある。
20分ほどで金精神社に到着、ここから尾根を暫く歩くと目の前に金精山が天を指している姿が見える。

いったん尾根を離れ、トラバース気味に暫く歩いた後
西側から金精山山頂方面へ向けて、所々ハジゴのかかる急斜面を登っていく。

出発から1時間弱で金精山山頂付近へ着くといったん休憩
昨日は東京でも今年初の夏日を記録したようで日差しが強い。今日も暑くなりそうである。

ここから尾根沿いにいったん下り少し上り返すと国境平、湯元からの道と合流する。
笹原となる尾根を登りきると7時40分頃、五色山に到着する。

ここで突然、日光白根山が眼前に姿を現す。ライムブルーの五色沼とのコントラストが絵になる。
しばし休憩の後、前白根山へ向け外輪の尾根を歩く。快適な散歩道となる。


外輪より 五色沼抱える日光白根
okushirane2009_6_29_001.jpg

20分も歩くと前白根山、ここからいったん下っていくとミヤマキンバイが斜面に咲いている。
散歩気分で下りきると避難小屋にでる。

山頂への上りへ向け暫く平坦地を歩いていると、目の前で鹿が草を食んでいる姿が。
人馴れしているのか、すぐ側を通り過ぎても逃げる様子が無い。

平坦地も終わると岩地の斜面となり、ゆっくり山頂へ向け上って行く。
先ほどまで陽を遮っていた雲もどんどん切れ、気分も高まる。

30分も登ると急登も終わり
特徴的な山容の山頂部が姿を現し、憩っている登山者がポツポツ見える。


日光白根山山頂部
okushiranesan_2009_6_28_002.jpg

緩やかな斜面を歩いて行くと白根山神社の鳥居を過ぎ、岩の一登りで日光白根(奥白根)山山頂だ。
狭い山頂には多くの人がおりゆっくりできない為、山頂から離れた人の居ない場所へ移動し、憩う。

弥陀ケ沼・菅沼・丸沼を眼下に、遠く燧岳上州武尊山などが見える。
6月という事もありぼや~っと空気が霞んでいる為、やはり遠景は今ひとつであるが
天気も上々という事で、まあ良しとしよう。
次回は空気の澄んでいる冬季に訪れてみたい。


弥陀ケ沼・菅沼・丸沼を眼下に、左は遠く燧岳
okushiranesan_2009_6_28_007.jpg

ここから岩礫の急斜面を弥陀ケ沼へ向け下る。
滑らないように踏ん張って下っていると、焼岳で痛めた右膝外側が徐々に痛み出してきた。
しまった サポーターをもって来るべきだった!!


北斜面にそびえる岩峰
okushiranesan_2009_6_28_003.jpg

弥陀ケ沼まで下りきると暫く平坦地、樹林帯を下りきると五色沼に出る。


弥陀ケ沼
okushiranesan_2009_6_28_004.jpg

湖畔沿いをのんびりと歩いていると、イワカガミが群生しておりきれいである。
湖畔の岩に腰かけ、しばらく「ぼけ~~~~~~」っと呆ける。


五色沼に群落するイワカガミ
okushiranesan_2009_6_28_006.jpg


五色沼より日光白根山頂部を仰ぐ
okushiranesan_2009_6_28_005.jpg

十分憩ったら湖畔を引き返し、外輪五色山へ向け上り返すが風も無く暑い。
再び五色山に着くとおにぎりをむさぼり、12時頃下山を開始する。

にしても膝が強烈に痛い!!
外側の靭帯周辺が痛く、膝を曲げるだけでめちゃめちゃ痛むのだ。

なんとかストック・木・岩などに頼り、右膝をほぼ曲げない相当無理のある体勢で下る。
歯を食いしばり苦痛に顔を歪めつつ、2時頃なんとか登山口まで戻った。

う~~~む・・ こんな状態で幕営縦走できるのか、いや、そもそも登山できるのだろうか。
爆弾を抱え非常に不安な状況ではあるが、近々北海道へ遠征登山へ旅立つ予定だ。

サポーターとストックを使って、暫く様子を見るとしよう。



[データ]

 登山日  2009年6月27日
 入 山  午前6時00分
 下 山  午後1時50分
 人 数  1人
 服 装  半そでシャツ 夏用ズボン


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/57-f8624296