FC2ブログ

2020年2月20日、霞沢岳登山初日の模様です。 登山形態:単独





早朝、中央道の車中泊場所を出発。
松本ICで降り、買い出しをしながら坂巻温泉辺りまでドイラブ。



適所に駐車すると7時半頃、ゆるゆると車道を歩きだす。
20分ほどで釜トンネル、ヘッドランプを付け黙々と、上り勾配を歩く。



トンネルを抜けるとほどなく砂防事務所への分岐。
林道を少し歩くと、鉄塔を目指し急斜面を登り、霞沢岳西尾根まで上がる。



少雪の為か、新雪の下に薄っすら付くトレースのおかげか、ラッセルの労無く、楽々と歩ける。
途中に数か所ある岩は、状況に応じ巻いたり、岩通しで通過したり。




click_to_expand_12.gif    尾根下部から焼岳
thum_Kasumisawadake01_2020_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    西穂高岳~奥穂高岳
thum_Kasumisawadake01_2020_0002.jpg






昼前、幕営場所としてよく使われる標高2000m辺りまで上がる。
有り余る時間、先へ進む事として、更に歩き出す。



標高も2500m付近まで来ると森林限界、これ以上先に幕営適地はないだろう。
少し下った適所を整地、2時半頃には、テント内で落ちつけた。






click_to_expand_12.gif    乗鞍岳
thum_Kasumisawadake01_2020_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    森林限界から焼岳
thum_Kasumisawadake01_2020_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    西・奥・前穂高岳
thum_Kasumisawadake01_2020_0005.jpg






ゆったりと水を作ると、温かい飲み物で寛ぐ。
ラジオで時間を潰し、6時前夕餉、7時半頃にシュラフへ潜った。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/534-4aa946a8