FC2ブログ

2020年1月3日、鳳凰山登山二日目の模様です。 登山形態:単独





黎明直後、幕営地を出発。
7時頃、薬師岳小屋辺りで森林限界を超え視界が開ける。




click_to_expand_12.gif    山頂部が雲に覆われている間ノ岳
thum_Hououzan02_2020_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    富士山はすっきり
thum_Hououzan02_2020_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    薬師岳
thum_Hououzan02_2020_0003.jpg






対岸の白峰三山を覆っていた雲も、歩くにつれ消え、気分も上がってくる。
風が強く、時折立っていられないほどの突風が吹く。






click_to_expand_12.gif    観音岳へ
thum_Hououzan02_2020_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    八ヶ岳は雲の中
thum_Hououzan02_2020_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    農鳥岳・間ノ岳 雲も取れた
thum_Hououzan02_2020_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    薬師岳を振り返る
thum_Hououzan02_2020_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    バットレス擁する北岳
thum_Hououzan02_2020_0008.jpg






8時前、観音岳へ到着。
鳳凰山随一の展望台から、白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)等の風景を味わう。






click_to_expand_12.gif    駒ケ岳はすっきり晴れない
thum_Hououzan02_2020_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    オベリスク(左)
thum_Hououzan02_2020_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    定番の風景 晴れてよかった
thum_Hououzan02_2020_0011.jpg






戻る道中、仙丈ケ岳に懸っていた雲もちぎれ全容が露わに、これで心残りも消える。
樹林帯へ入ると、強風帯も抜け、テントまで戻ると撤収作業。






click_to_expand_12.gif    観音岳を振り返る 仙丈ケ岳(左下)もようやく姿を現した
thum_Hououzan02_2020_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    甲府盆地と富士山
thum_Hououzan02_2020_0013.jpg






チェーンスパイクとの相性か、爪を切っていない為か、つま先痛に耐えながらの下り。
2時半頃、夜叉神峠駐車場まで戻った。






click_to_expand_12.gif    火事場跡に戻るころには、再び稜線に雲が懸かる
thum_Hououzan02_2020_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    気持ちの良い樹林帯を下る
thum_Hououzan02_2020_0015.jpg






今年の年始登山はラッセルの心配がない楽々登山。 こういう年明けもいいもんだ・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/533-18be37e8