FC2ブログ

2020年1月2日、鳳凰山登山初日の模様です。 登山形態:単独





9時半頃、登山口を出発。 つづれ折りの道で高度を上げていく。
1時間ほどで夜叉神峠へでると視界が開け、白峰三山が望まれる。




click_to_expand_12.gif    農鳥岳・間ノ岳
thum_Hououzan01_2020_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    樹間から富士山
thum_Hououzan01_2020_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    明るい樹林帯も気持ちよい
thum_Hououzan01_2020_0003.jpg






いったん下り暫く上ると、やがて尾根を逸れて樹林帯のトラバース路となる。
昼頃、杖立峠を過ぎ再び尾根を歩くようになると、展望の良い火事場跡へでる。






click_to_expand_12.gif    北岳
thum_Hououzan01_2020_0004.jpg






苺平まで登ると、辻山方向へのトレースもある為、折角なのでそちらへ進む。
15分も歩くと辻山、視界が開け仙丈ケ岳や鳳凰山も一望。






click_to_expand_12.gif    白峰三山
thum_Hououzan01_2020_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    仙丈ケ岳
thum_Hououzan01_2020_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    鳳凰山(薬師岳・観音岳)
thum_Hououzan01_2020_0007.jpg






適当に下り、番長トレースに合流、やがて南御室小屋へ到着。
テント数張り、年始だけあり小屋番の人もいる。



時間も早い事もあり、更に先へ、トレースに従い楽々と高度を稼ぐ。
適地を探しウロウロ、登山道より外れた平坦地を見つけると、幕営。



半時ほどかけて、明日の分までの水を作ると、ようやく夕餉。
腹を満たしラジオ等で時間をつぶすと7時半頃、シュラフへ潜った。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/532-7f70a4a5