FC2ブログ

2019年11月16日、大屋山登山の模様です。 登山形態:単独





早朝、関越道の車中泊場所を出発。
下仁田ICで降り、暫しのドライブ、いったん登山口を通り過ぎてしまうが、引き返し入山。



7時半前、民家(空き家)脇より登山道へ入る。 西上州ならではだね。
巡視路のような道で、鉄塔まで急斜面を上ると、いったん視界が開け、露岩と紅葉がなんとも美しい。




click_to_expand_12.gif    登山道に入ると見事な紅葉がお出迎え
thum_Ooyayama_2019_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    鉄塔まで登ると視界が開ける
thum_Ooyayama_2019_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    西上州らしい秋風景
thum_Ooyayama_2019_0003.jpg






明瞭な踏み跡やテープはないが、尾根伝いに適当な感じで登って行く。






click_to_expand_12.gif    山頂付近の彩り
thum_Ooyayama_2019_0004.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Ooyayama_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Ooyayama_2019_0006.jpg






8時半前、大屋山山頂へ到着。
更に暫く進んだ展望地で、西上州らしい、錦の掛け軸のような風景を楽しむ。






click_to_expand_12.gif    大屋山山頂から
thum_Ooyayama_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    対岸の立岩
thum_Ooyayama_2019_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    鹿岳・四ツ又山
thum_Ooyayama_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    西上州らしい風情の景色
thum_Ooyayama_2019_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    毛無岩等、大展望が広がる
thum_Ooyayama_2019_0011.jpg






40分ほど憩うと、山頂を後に来た道を引き返す。






click_to_expand_12.gif   
thum_Ooyayama_2019_0012.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Ooyayama_2019_0013.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Ooyayama_2019_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    真っ赤っ赤
thum_Ooyayama_2019_0015.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Ooyayama_2019_0016.jpg






10時過ぎ、下山。 次の山へ向け車を走らせた。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/526-8c49a807