FC2ブログ

2019年5月3日、白馬岳登山の模様です。 登山形態:単独





早朝、上信越道の車中泊場所を出発。
通いなれたルートで白馬村へ、冬季閉鎖解除の車道で楽々と猿倉へ到着。



思ったほどの混雑も無く、駐車場へ車を停め身繕い。
8時半頃ゆるゆると出発、猿倉荘より残雪の斜面を上り、程なく分岐を小日向山方向へ。




click_to_expand_12.gif    猿倉台地から白馬岳
thum_Shakushidake01_2019_0001.jpg




台地状の雪原を二時間弱歩くと、尾根へ向け雪面を上っていく。
11時頃、小日向のコルへ着くと、杓子岳へと続く双子尾根へ取り付く。




click_to_expand_12.gif    小蓮華山方向
thum_Shakushidake01_2019_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    小日向のコルから杓子岳を仰ぐ
thum_Shakushidake01_2019_0003.jpg






明瞭な尾根道を1時間ほど上るといったん傾斜が緩み、台地状の樺平へ着く。
幕営適地となっており、テントが一張見られる。



まだまだ時間も早い、更に先を目指し、急尾根を先へ。
ダイナミックになっていく風景を眺めつつ独り登る。






click_to_expand_12.gif    急尾根が続く
thum_Shakushidake01_2019_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    白馬鑓ケ岳
thum_Shakushidake01_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    杓子岳
thum_Shakushidake01_2019_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    小日向山を見下ろす
thum_Shakushidake01_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    鑓ケ岳 左奥には五竜岳も
thum_Shakushidake01_2019_0008.jpg






2時半頃、杓子尾根と合わさると、ジャンクションピーク。
幕営適地を探し、暫く尾根をウロウロする。






click_to_expand_12.gif    白馬岳
thum_Shakushidake01_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    冬姿のライチョウ
thum_Shakushidake01_2019_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    小蓮華山~頚城山塊
thum_Shakushidake01_2019_0011.jpg






ジャンクションピークから少し下り、風の防げる尾根上を強引に整地すると幕営。
水を作り夕餉、7時半頃シュラフへ。 ここ最近の暑さに慣れた身には寒い一夜となった。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/503-941c72bc