FC2ブログ

2019年4月13日、日向倉山登山の模様です。 登山形態:単独





奥只見シルバーラインの長いトンネルを抜け、白銀の銀山平へ。
身繕いを整えザックを背負うと7時半前、雪原へ足を踏み入れる。




click_to_expand_12.gif    残雪の美しい銀山平
thum_Hinatagurayama_2019_0001.jpg




重い新雪が積もっているが、先行者のトレースがあり、ありがたくつぼ足で歩く。
程なく明瞭な尾根へ乗ると、開けた視界からの展望に感嘆しながら高度を上げていく。




click_to_expand_12.gif    対岸の荒沢岳
thum_Hinatagurayama_2019_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    駒ケ岳
thum_Hinatagurayama_2019_0003.jpg






小1時間も歩くと、赤崩山の東方で稜線へでる。
進路を東へ、雪国ならではの真っ白なふっくらとした雪山風景が美しい。






click_to_expand_12.gif    中ノ岳
thum_Hinatagurayama_2019_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    ヒダヒダの荒沢岳全容
thum_Hinatagurayama_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    中ノ岳・駒ケ岳
thum_Hinatagurayama_2019_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    目指す日向倉山
thum_Hinatagurayama_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    末丈ケ岳
thum_Hinatagurayama_2019_0008.jpg






10時半前、日向倉山山頂到着。
前回は末丈ケ岳まで歩いたが今日はここまで、山頂辺りをウロウロ歩き、景色をゆっくりと楽しむ。






click_to_expand_12.gif   
thum_Hinatagurayama_2019_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    末丈ケ岳 奥に毛猛山塊
thum_Hinatagurayama_2019_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    会津駒ケ岳や燧ケ岳
thum_Hinatagurayama_2019_0011.jpg






小1時間ほど山頂で過ごすと来た道を引き返す。
1時前下山後、石抱橋で撮影&奥只見スキー場までマイナー山の偵察。






click_to_expand_12.gif    帰路から日向倉山
thum_Hinatagurayama_2019_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    石抱橋から駒ケ岳
thum_Hinatagurayama_2019_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    翌日の偵察から日向倉山(右)
thum_Hinatagurayama_2019_0014.jpg






湯に浸かると、大満足の思いで麦酒・車中泊。
翌日、再び銀山平でルート偵察を終えると、帰路へ着いた。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/499-eac1b1c8