FC2ブログ

2019年3月18日、守門岳登山の模様です。 登山形態:単独





6時半頃、二分集落の先、最終除雪地点到着。
残雪時期人気の山だけあり、既に多くの車が駐車している。



身繕いを整えるとスノーシューで出発。
暫く進むと橋の手前でトレースを逸れ、右手の林道へ。




click_to_expand_12.gif    麓から大岳を望む
thum_Sumondake_2019_0001.jpg




猿倉橋を渡ると適当な所から雪面へ取り付く。
歩きやすい箇所を選びつつ、急斜面を登って行くと、やがて尾根へでる。



尾根へ乗ってしまえば、もうこっちのもの。
徐々に広がる雪景色を眺めつつ、雪庇でうねるような美しい尾根を独り歩く。




click_to_expand_12.gif    雪庇うねる尾根を登る
thum_Sumondake_2019_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    大岳を仰ぐ
thum_Sumondake_2019_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    無垢の雪尾根が美しい
thum_Sumondake_2019_0004.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Sumondake_2019_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    大岳も近くなる
thum_Sumondake_2019_0006.jpg






11時頃、稜線へ到達すると視界全開。
袴岳へ寄って行こうか暫く悩むが、明日の登山に備え左手、大岳へと進む。






click_to_expand_12.gif    越後三山-仙ノ倉山-苗場山
thum_Sumondake_2019_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    燧ケ岳-荒沢岳-越後三山
thum_Sumondake_2019_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    袴岳
thum_Sumondake_2019_0009.jpg






遠く飯豊連峰も鮮明に望まれるほどの好天。
気持ちよく歩き正午前、登山者の憩う大岳へ着いた。






click_to_expand_12.gif    大岳から守門岳北面
thum_Sumondake_2019_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    川内山塊の奥に飯豊連峰
thum_Sumondake_2019_0011.jpg






小休止すると、保久礼コースの広い尾根を下っていく。
つぼ足で下り2時頃、麓へと戻った。






click_to_expand_12.gif    下り始めから中津又岳
thum_Sumondake_2019_0012.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Sumondake_2019_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    雪解けの麓へ戻る
thum_Sumondake_2019_0014.jpg






次訪は藤平コースより周遊してみたい。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/496-b17cbafd