FC2ブログ

2018年10月23日、泥湯三山縦走の模様です。 登山形態:単独行





7時半前、泥湯温泉の登山口から入山。
麓から中腹の紅葉が全盛で、彩りに見惚れながらゆるゆると歩く。




click_to_expand_12.gif   
thum_Takamatsudake_2018_0001.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Takamatsudake_2018_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    樹間から高松岳
thum_Takamatsudake_2018_0003.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Takamatsudake_2018_0004.jpg






トラバース路から急尾根へ取り付き一上りで稜線へ。
暫し北上すると、小安岳へ到着。






click_to_expand_12.gif    小安岳辺りから高松岳方向
thum_Takamatsudake_2018_0005.jpg






天気は下り坂ながら、雲間から差し込む陽光を励みに稜線を独り進む。
10時過ぎ、避難小屋の立つ高松岳。 展望はあまり利かない。






click_to_expand_12.gif    麓は秋真っ盛り
thum_Takamatsudake_2018_0006.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Takamatsudake_2018_0007.jpg






パンを貪りながら暫く休むと再出発。
小一時間のアップダンで山伏岳。 展望と色づきを楽しみながら寛ぐ。






click_to_expand_12.gif    高松岳辺りから山伏岳方向 背後に鳥海山
thum_Takamatsudake_2018_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    山伏岳から
thum_Takamatsudake_2018_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Takamatsudake_2018_0010.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Takamatsudake_2018_0011.jpg






下りは緩やかな尾根道。
も、途中で根っこにつま先を引っ掛け転倒し、左膝を露岩に痛打。



痛みに耐えつつ下り1時前、河原毛地獄辺りの車道へ出る。
麓の紅葉に感嘆しながら歩き、泥湯温泉まで戻った。






click_to_expand_12.gif    泥湯へ戻る道中から
thum_Takamatsudake_2018_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    日差しが無いのが惜しいところ
thum_Takamatsudake_2018_0013.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Takamatsudake_2018_0014.jpg






秋の東北は美しい。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/482-7757c73a