FC2ブログ

2018年10月8日、安達太良山登山の模様です。 登山形態:単独
安達太良山登山:塩沢スキー場→くろがね小屋→鉄山→箕輪山→塩沢スキー場





早朝、那須連山は旭岳へ登るつもりで、西郷村の車中泊場所を出発。
も、どうやら稜線を雲が覆っている様子に意気消沈。



北部の方が好天が期待できるようなので、東北道へ乗ると北上。
右往左往の末、晴れている安達太良山へ登る事に決め、岳温泉へ。



帰りの渋滞に巻き込まれたくないので、サクッとロープウェイから入山したい。
も、乗り場のかなり手前での渋滞発生にUターン、早めの下山を諦め、塩沢スキー場へ。



8時半頃、ようやく塩沢スキー場到着、着替え荷詰めると、ゆるゆると歩き出した。
各所で秋の彩りを感じつつ沢沿いの道から尾根へでると、色見豊かな山肌がお出迎え。




click_to_expand_12.gif    屏風岩辺りの彩り
thum_Adatarayama_2018_0001.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2018_0002.jpg






秋最盛期の色彩に感嘆しながら歩く。
三連休最終日、ハイカーの多さには辟易するが、やはり安達太良山の紅葉は美しい。






click_to_expand_12.gif    色とりどり
thum_Adatarayama_2018_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    くろがね小屋辺りから
thum_Adatarayama_2018_0004.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2018_0005.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2018_0006.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2018_0007.jpg






稜線が近づくにつれ、火山らしいガレた道となる。
山頂とされている乳首方向は行列ができている為、峰の辻から北寄りのルートで稜線へでる。






click_to_expand_12.gif    乳首を仰ぐ
thum_Adatarayama_2018_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    稜線から沼ノ平

thum_Adatarayama_2018_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    稜線を振り返る
thum_Adatarayama_2018_0010.jpg






荒涼とした道が続き、鉄山避難小屋を通過すると、再び木々覆う山肌となる。
12時半頃、穏やかな箕輪山に到着、雲多めながも40分ほど憩う。






click_to_expand_12.gif    吾妻連峰
thum_Adatarayama_2018_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    箕輪山
thum_Adatarayama_2018_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    鉄山を振り返る
thum_Adatarayama_2018_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    笹平と磐梯山
thum_Adatarayama_2018_0014.jpg






帰路、笹平より暫くは、再びの紅葉ロード。
歩く人も少なく、独りゆったりと風景を堪能しながら歩ける。






click_to_expand_12.gif    帰路の紅葉も美しい
thum_Adatarayama_2018_0015.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2018_0016.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2018_0017.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2018_0018.jpg








click_to_expand_12.gif    箕輪山を仰ぐ
thum_Adatarayama_2018_0019.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2018_0020.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Adatarayama_2018_0021.jpg






やがて高度も下がると、展望も利かなくなり、歩き易い尾根道となる。
3時過ぎ下山。 麓の温泉施設で6時頃まで過ごすと、渋滞解消の東北道で帰路へついた。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/479-e2edb4cc