FC2ブログ

2018年9月23日、会津駒ケ岳登山の模様です。 登山形態:単独





早朝、登山口に向かって車を走らせる。 晴れの三連休中日とあり早くも大盛況。
登山口のかなり手前で、誘導員から指示されたスペースに車を駐車。



10分ほど林道を歩くと、木製の階段から入山。
仄かな色づきと、爽やかな空気に秋の訪れを感じながら、登って行く。



標高も1950mを越えてくると視界が開け、駒ケ岳山頂も望まれる。
駒の小屋まで来ると、多くの登山者が憩っている。




click_to_expand_12.gif   
thum_Aizukomagatake_2018_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    草紅葉の草原と池塘が広がる
thum_Aizukomagatake_2018_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    燧ケ岳山頂は雲の中
thum_Aizukomagatake_2018_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    駒ノ大池
thum_Aizukomagatake_2018_0004.jpg






更に一登りで8時半頃、会津駒ケ岳山頂。
この時期は展望が利かない為、スルーして稜線を先へ進む。



黄金色に染まる草紅葉の、緩やかな道。
風景を眺めながら独りのんびりと歩き、中門岳を往復する。






click_to_expand_12.gif    三ツ岩岳方向
thum_Aizukomagatake_2018_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    中門岳へ緩やかな稜線が続く
thum_Aizukomagatake_2018_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    山頂を振り返る
thum_Aizukomagatake_2018_0007.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Aizukomagatake_2018_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    中門岳山頂辺り
thum_Aizukomagatake_2018_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Aizukomagatake_2018_0010.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Aizukomagatake_2018_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    燧ケ岳の雲も取れた
thum_Aizukomagatake_2018_0012.jpg






駒の小屋まで戻ると、お初の富士見林道方向へ行く。
こちらも展望良好な穏やかな稜線で、道行く人も少なく静かに歩ける。






click_to_expand_12.gif    富士見林道から会津駒ケ岳を望む
thum_Aizukomagatake_2018_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    平ケ岳方向
thum_Aizukomagatake_2018_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    歩いた稜線を振り返る
thum_Aizukomagatake_2018_0015.jpg






昼頃、大津岐峠まで来ると、稜線を離れ下山路へ。
二時間ほどで麓へ下ると、車道を黙々と歩き滝沢橋へ戻った。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/478-2fa1566b