FC2ブログ

2018年2月10日、獅子ケ鼻山登山の模様です。 登山形態:単独





昨年2月、鹿俣山付近の稜線で雪庇を踏み抜き落下、左足首骨折。
全治三ヶ月の重症で、先週、ようやく最後の抜釘(ボルト除去)手術が終わった。
未踏に終わっていた獅子ケ鼻山、今年は是非登って色々な意味でスッキリしておきたいところ。



早朝、関越道の車中泊場所を出発。
沼田IC下車、買出しを終えると暫しのドライブで玉原スキー場まで。



スキー場の有料駐車場へ停め、車内で身繕い。
係員の指示で登山届けに記入すると6時頃、ゆるゆると車道を歩き出した。



程良い所で雪原へ入ると、昨日のものと思われるトレース上をつぼ足で。
やがて沈むようになるとスノーシュー装着、次第に明瞭な尾根道となる。



稜線直下の急斜面を登り詰め、雪庇未発達の箇所より稜線へ。
8時前、鹿俣山を通過すると、ノートレースの雪稜を行く。




click_to_expand_12.gif    稜線へでると視界が広がる
thum_Shishigahana_2018_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    うねる雪稜を歩く
thum_Shishigahana_2018_0002.jpg






未だ雪の安定しない2月、昨年より慎重に、雪庇に注意しながらルートをとる。
視界に恵まれ、大好きな上越国境の峰々等を眺めながらの歩行。






click_to_expand_12.gif    谷川連峰
thum_Shishigahana_2018_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    獅子ケ鼻山と剣ケ峰山
thum_Shishigahana_2018_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    平ケ岳・至仏山
thum_Shishigahana_2018_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    歩いた稜線を振り返る
thum_Shishigahana_2018_0006.jpg






うねる稜線を上り詰めると10時前、獅子ケ鼻山へ到着。
眼前に武尊山の前衛、剣ケ峰山を望みつつ、狭いピークで暫し風景を眺める。






click_to_expand_12.gif    武尊山
thum_Shishigahana_2018_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    剣ケ峰山
thum_Shishigahana_2018_0008.jpg






昨年からの懸案事項も解決、鬱積も晴れると山頂を後に。





click_to_expand_12.gif    朝日岳~巻機山の国境稜線 いつか歩こう
thum_Shishigahana_2018_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    下降点辺りから玉原湖方向
thum_Shishigahana_2018_0010.jpg






途中、二組の登山者と擦れ違いつつ下り1時前、無事麓へ戻った。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/453-072a5b55