FC2ブログ

2017年12月22日、魚沼アルプス縦走の模様です。 登山形態:単独
魚沼アルプス縦走:大力山→黒禿の頭→駒の頭→トヤの頭→鳴倉山





早朝、関越道の車中泊場所を出発。
冬季に中越地方が晴れそうなので、予てから歩いてみたかった通称魚沼アルプスへ向かう。



小出ICより3分程で入山口の集落へ到着。
道路の広がっているスペースに駐車させて貰うと7時頃、宝泉寺の脇より入山。



尾根にはトレースが付いており、まずはつぼ足で。
すぐに視界が開け、大好きな魚沼の雪景色を楽しみつつ、ゆるゆると登る。




click_to_expand_12.gif   
thum_Kurohage_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    鳴倉山に朝日が差す
thum_Kurohage_2017_0002.jpg






ほどなく東屋の立つ大力山に到着。
尾根を暫し進んだ肩まで来るとトレースもここでお終い、スノーシューを履いて先へ進む。






click_to_expand_12.gif    八海山登場
thum_Kurohage_2017_0003.jpg






里山とは思えない、美しい雪稜を独り静かに歩くは至福。






click_to_expand_12.gif   
thum_Kurohage_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    権現堂山~唐松山 奥に守門岳
thum_Kurohage_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    美しい雪稜が続く
thum_Kurohage_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kurohage_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    毛猛山塊
thum_Kurohage_2017_0008.jpg






10時半頃、黒禿の頭へ到着。
笠倉山まで足を伸ばそうかと更に先まで進むが、時間的に難しい感じなので、ほどなく引き返す。






click_to_expand_12.gif    笠倉山を仰ぐ
thum_Kurohage_2017_0009.jpg






再び黒禿の頭まで戻ると、気圧の谷の影響か、雲が広がってくる。
も、駒の頭を過ぎ、急雪面でトヤの頭へ上り返す頃、徐々に天気も回復傾向。






click_to_expand_12.gif    トヤの頭から荒沢岳
thum_Kurohage_2017_0010.jpg






トヤの頭で一時間ほども憩っていると、青空も覗き、お日様復活。
上々の気分で、再び稜線を歩いて行く。






click_to_expand_12.gif   
thum_Kurohage_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kurohage_2017_0012.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kurohage_2017_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    八海山
thum_Kurohage_2017_0014.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kurohage_2017_0015.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kurohage_2017_0016.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kurohage_2017_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    駒ケ岳
thum_Kurohage_2017_0018.jpg






3時頃、最終ピークとなる鳴倉山。
黄昏て、幻想的な趣きへ表情を変えていく雪景色に見惚れつつ、麓へ向かう。






click_to_expand_12.gif   
thum_Kurohage_2017_0019.jpg








click_to_expand_12.gif    鳴倉山を仰ぐ
thum_Kurohage_2017_0020.jpg








click_to_expand_12.gif    駒ケ岳・八海山の夕景
thum_Kurohage_2017_0021.jpg






4時過ぎ下山、大満足の1日も終わった。 また来る。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/450-f90618e4