FC2ブログ

2017年11月27日、燕岳登山初日の模様です。 登山形態:単独
燕岳登山初日:中房温泉→燕山荘→蛙岩→表銀座稜線2650m





常念岳へ登るつもりで当地入りしたが、例年を遥かに上回る積雪量に躊躇。
予定を変更し、トレース確実な燕岳へ登る事とした。



朝、車中泊場所を出発、1時間ほどのドライブで中房温泉まで。
着替え荷繕いすると8時頃、燕岳へ向けゆるゆると歩き出した。



二つ玉低気圧が二度通過しただけあり、既に積雪豊富。
昨夜も降雪したようで、麓から雪景色となる。




click_to_expand_12.gif    富士見ベンチ辺りから大天井岳

thum_Tsubakurodake01_2017_0001.jpg







昼前、合戦小屋まで上がるとここから先、森林限界。
トレースが無ければラッセルとなったであろう急斜面を、開けた展望を肴に登る。






click_to_expand_12.gif    常念岳や東天井岳 この日は昼頃まで雲海が消えなかった
thum_Tsubakurodake01_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    餓鬼岳
thum_Tsubakurodake01_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    トレースありがたや
thum_Tsubakurodake01_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    稜線も近づく
thum_Tsubakurodake01_2017_0005.jpg






尾根を登り詰めると1時半前、燕山荘の立つ稜線へ出た。
穏やかな風のなか、素晴らしい展望が広がる。






click_to_expand_12.gif    燕岳
thum_Tsubakurodake01_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    双六岳~鷲羽岳~水晶岳~黒部五郎岳
thum_Tsubakurodake01_2017_0007.jpg






燕山荘の冬季小屋に泊まろうかと思っていたのだが、まだ時間も早い。
大天井岳方面へ歩を進める事とし、ノートレースの稜線を行く。






click_to_expand_12.gif    穂高岳~槍ヶ岳
thum_Tsubakurodake01_2017_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    立山~剣岳~針ノ木岳
thum_Tsubakurodake01_2017_0009.jpg






蛙岩の通過やラッセルに時間を取られ、なかなか順調な歩行とはいかず。
コルまでの下りで吹き溜まりにつかまると、時間切れとなる。






click_to_expand_12.gif    大天井岳
thum_Tsubakurodake01_2017_0010.jpg






明日にかけて穏風が予想される為、稜線上の平坦地へ強引に幕営。
水作りの苦行後、スープパスタで腹を満たすと7時半頃、シュラフへ潜った。




登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/445-c4daaa45