2017年11月6日、子持山登山の模様です。 登山形態:単独
子持山登山:6号橋→獅子岩→子持山→浅間→5号橋





6時半頃、3号橋手前のゲート前(落石の為、通行止め)に駐車。
ゆるゆると、車道を歩く。 寝不足の為、体調が優れない。



10分ほど歩いた、6号橋登山口より入山。
あまり展望の利かない尾根道を1時間ほど登ると、獅子岩の登り口へ到着。



鎖や鎖梯子を頼りに一登りすると、遮るものの無い獅子岩の上に立つ。
素晴らしい風景を肴に半時ほど憩うと、再び尾根へ戻る。




click_to_expand_12.gif    獅子岩より子持山山頂を仰ぐ
thum_Komochiyama_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    稜線の先に小野子山
thum_Komochiyama_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    浅間 背後に榛名山
thum_Komochiyama_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    樹林の彩り
thum_Komochiyama_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    武尊山~足尾山地
thum_Komochiyama_2017_0005.jpg






樹林帯に、露岩の展望地を交えつつ小一時間で子持山山頂。
樹木に遮られ、あまり展望は良くない。






click_to_expand_12.gif    尾根上の露岩より獅子岩を振り返る
thum_Komochiyama_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    カラマツの黄葉も美しい
thum_Komochiyama_2017_0007.jpg






柳木ケ峰まで戻ると、分岐を大タルミ方面へ、急斜面を下って行く。
ほぼ展望は開けないが、樹々の色づきが美しい。






click_to_expand_12.gif    彩色に目を奪われる
thum_Komochiyama_2017_0008.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Komochiyama_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Komochiyama_2017_0010.jpg






緩やかな稜線歩きで10時半頃、浅間に到着。 一服すると5号橋方面へ。
尾根道を彩る木々が綺麗で、なかなか愉しい下り道となる。






click_to_expand_12.gif    浅間より足尾山地方面
thum_Komochiyama_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    下りも退屈しない
thum_Komochiyama_2017_0012.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Komochiyama_2017_0013.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Komochiyama_2017_0014.jpg






昼前、下山。
次回は屏風岩経由で歩いてみたい。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/444-14c9d57d