2017年10月27日、谷川連峰縦走2日目の模様です。 登山形態:単独
谷川連峰縦走2日目:大障子ノ頭→万太郎山→仙ノ倉山→平標山→土樽





黎明前の5時40分頃、避難小屋を出発。
時折、太陽を遮るように薄い雲が流れ込み、文句の無い快晴とはならない。




click_to_expand_12.gif    谷川岳方向を振り返る
thum_Tanigawarenpou02_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    万太郎山より日白山
thum_Tanigawarenpou02_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    仙ノ倉山
thum_Tanigawarenpou02_2017_0003.jpg






万太郎山から下り、コルの毛渡乗越辺りで、ようやく雲も消える。
行動源(陽光)をたっぷりと浴びると、気持ち良く歩いて行く。






click_to_expand_12.gif   
thum_Tanigawarenpou02_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    仙ノ倉山を仰ぐ
thum_Tanigawarenpou02_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    赤谷川沿いの色づき
thum_Tanigawarenpou02_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    残雪期に登りたい小出俣山
thum_Tanigawarenpou02_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    絶壁の東俣ノ頭
thum_Tanigawarenpou02_2017_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    エビス大黒ノ頭
thum_Tanigawarenpou02_2017_0009.jpg






10時半頃、仙ノ倉山到着。 雄大な眺望の山頂から上信越の山々を一望。
穏やかな稜線をゆるゆると進み平標山まで来ると、平標新道を下って行く。






click_to_expand_12.gif    仙ノ倉山から万太郎山
thum_Tanigawarenpou02_2017_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    巻機山方向
thum_Tanigawarenpou02_2017_0011.jpg






秋の平標新道は素晴らしく、麓付近の彩色や、仙ノ倉山の威容に感嘆しつつ下る。






click_to_expand_12.gif    平標山直下の池塘
thum_Tanigawarenpou02_2017_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    麓の彩色を正面に下って行く
thum_Tanigawarenpou02_2017_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    仙ノ倉山を仰ぐ
thum_Tanigawarenpou02_2017_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    残雪期に行きたい日白山
thum_Tanigawarenpou02_2017_0015.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Tanigawarenpou02_2017_0016.jpg






雪に隠れた木の葉や根っこに何度が足を滑らせつつ矢場ノ頭まで来ると、やがて樹林帯の急斜面。
ずりずりずりずり滑るしつこい下りに辟易する頃、仙ノ倉谷へ降りる。






click_to_expand_12.gif    オレンジ色に染まる山肌
thum_Tanigawarenpou02_2017_0017.jpg






増水でスリリングな沢を渡渉し、1時間ほど沢沿いに歩くと林道へ出る。





click_to_expand_12.gif    林道を歩きすがら
thum_Tanigawarenpou02_2017_0018.jpg






更に林道を半時ほど歩き4時前、ようやく愛車まで戻ると、長くも楽しい一日が終わった。






click_to_expand_12.gif    魚野川と上越線と荒沢山
thum_Tanigawarenpou02_2017_0019.jpg





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/441-5efe1d36