昨年夏に登った北アルプス表銀座縦走の1日目、燕岳大天上岳登山を振り返る。

登山日・人数  2008年8月11日 1人



夏の北アルプス遠征登山最後の縦走は、燕岳~大天上岳~常念岳~蝶ケ岳を歩いた。

これで、楽しかった初めての北アルプスの夏も終わりだ。


[1日目]

【登山コース】
中房温泉→合戦沢ノ頭→燕岳→表銀座縦走コース→大天荘→大天上岳

【天気】
晴れ のち 昼前よりガス のち 夜晴れ

【歩程・展望】
朝3時30頃起床、朝飯の大盛り冷やしうどんをむさぼると
豊科のビジネスホテルを4時10分頃出発する。

登山口のある中房温泉まで、うねうねした道をとばすと
東の空も明るくなってきた5時頃、中房温泉手前の駐車場に到着。半分ほど駐車場も埋まっている。
舗装路の上りをさらに10分ばかし歩くと登山口となる。

樹林帯の斜面を淡々と登っていくと第一、第二、第三ベンチと通過していき
1時間ほどで富士見ベンチ、ここらでちょっと休憩

さらに30分も登ると「合戦小屋」という茶屋に出る。
ここ、スイカを売っているようで、休憩している登山者が「旨い旨い」とスイカをむさぼっている。

もうひと登りで「合戦尾根」へとりつくと、ようやく展望が開け
朝のさわやかな青空を後ろに、大天上岳・槍ヶ岳・燕岳が見え、気分が良い。


合戦尾根より大天上岳・槍ヶ岳
omoteginza2009_4_20_010.jpg


あとは、北アルプス3大急登の一つと呼ばれる「合戦尾根」を1時間ほど登れば
8時20分頃、燕山荘に着く。

燕山荘周辺、花崗岩地帯の稜線からの展望は素晴らしく
裏銀座の峰々や槍ヶ岳がパノラミックに展開、遠く立山鹿島槍まで見える。


燕山荘辺りより燕岳
omoteginza2009_4_20_011.jpg


ここから北へ、岩・砂礫が特徴的な燕岳へ稜線を歩く。
途中コマクサの群生地などなどもありつつ、20分も歩くと燕岳山頂である。


燕岳尾根より槍ヶ岳方面omoteginza2009_4_20_012.jpg


眼前に広がる、裏銀座の山々の山座同定なんぞをしながら憩っていると
まだ9時過ぎだというのに、雲が少しずつ湧き始める。
今日は雲上がるの早いなあ~~~~

で、40分ほどのんびりしたら出発
再び燕山荘を過ぎると、表銀座縦走コースへ、大天上岳へ向け歩きやすい尾根を行く。


燕岳尾根より表銀座尾根・大天上岳・常念岳omoteginza2009_4_20_013.jpg


徐々にガスで展望が悪くなるなか、1時間30ほどアップダウンする道を進むと分岐
右へ進むと喜作新道・槍ヶ岳東鎌尾根へ、左へ進むと大天荘・常念岳へ
ここを僕は左へ進む。

大天上岳東斜面をトラバース気味に30分も登ると
まだ1時前だというのに、今日のテント場大天荘へ着いてしまった。

昼飯を食い幕営の手続きをしてしまうと、ガスの中テントを張る。
ここ、立地的に訪れる人も少ないようで、好きな場所にのびのびと幕営できた。

で、もうやる事ないのでテントの中でひたすら読書
なんとか5時過ぎまで時間を潰すと、唯一の楽しみでもあり、暇つぶしでもある夕飯の準備
お湯を沸かし「チキンラーメン」と「アルファ米の五目飯」を食らう。

完全にやる事もなくなり外に出ると、ようやくガスがとれてきた。
で、暇つぶしに大天上岳へゆるゆる歩いていき、5分も登ると山頂に着く。
すでに夕日の沈んだ薄暗い空の向こうにそびえる槍ヶ岳が美しい。

槍ヶ岳の展望で一日を締めくくり、気持ちも新たにしてテントへ戻ると
明日の快晴を願いつつ、7時30頃就寝した。

と、今回はここまで
次回は 大天上岳~常念岳~蝶ケ岳 の模様をお楽しみに!


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/44-d79784dd