2017年6月4日、袈裟丸山登山の模様です。 登山形態:単独
袈裟丸山登山:南東尾根→前袈裟丸山→小丸山→賽ノ河原→折場登山口





早朝、車中泊場所を出発。 ほどなく沢入から林道へ入る。
20分ほどのドライブで折場登山口、更に暫く走った空スペースに車を駐車。



身繕いを整えると6時半頃、ゆるゆると歩き出した。
沢沿いに作業道を暫し上ると、程よい斜面から南東尾根へ入る。



急峻で滑りやすい箇所を通過しつつ、笹道を尾根伝いに進む。
時期が遅すぎたか、花つきは良くないが、それでも可憐なシロヤシオを各所で愛でつつ歩く。




click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    各所で視界も広がる
thum_Kesamaruyama_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    赤城山
thum_Kesamaruyama_2017_0004.jpg






やがて一般道と合流すると9時半頃、前袈裟丸山に到着。
アカヤシオの時期を過ぎている為か、まだ誰も居ない。



暫く休み、小丸山方面へと下っていくと、良い花つきのシロヤシオが随所で見られる。
シャクナゲや新緑もきれいで、牧歌的な好ましい道が続く。






click_to_expand_12.gif    再びシロヤシオ
thum_Kesamaruyama_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    皇海山・庚申山方面
thum_Kesamaruyama_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    輝く新緑とシロヤシオ
thum_Kesamaruyama_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    シャクナゲも
thum_Kesamaruyama_2017_0008.jpg






登山者で賑わう小丸山を過ぎるとミツバツツジ、更に下るとヤマツツジが咲いている。






click_to_expand_12.gif    小丸山から男体山
thum_Kesamaruyama_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    ミツバツツジも
thum_Kesamaruyama_2017_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    ケルン群
thum_Kesamaruyama_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    新緑の気持ちよい道
thum_Kesamaruyama_2017_0012.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kesamaruyama_2017_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    袈裟丸山を振り返る
thum_Kesamaruyama_2017_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    紅白
thum_Kesamaruyama_2017_0015.jpg






弓の手コースへ入ると、頼りない左足首を庇いつつ、急斜面を下降。
12時半頃、折場登山口まで下ると、20分ほどの林道歩きで車まで戻った。



明日の労働に備え、北関東道で早足に当地を後にした。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/426-2ec00177