2017年1月5日、北岳登山三日目の模様です。 登山形態:単独
北岳登山:砂払→ボーコン沢ノ頭→アルキ沢橋→鷲ノ住山→夜叉神峠





池山吊尾根の幕営地にて起床。
程よい冬型の為、最終日にして晴天の赤石山脈。 このまま下ってしまうのは勿体無い。



ラーメンを食べ雉を撃つと、足元を固めて歩き出す。
美しい間ノ岳等の眺めに興じつつ、独りゆるゆると尾根を登っていく。




click_to_expand_12.gif    農鳥岳・間ノ岳
thum_Kitadake03_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    鳳凰山
thum_Kitadake03_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    広い尾根を登って行く
thum_Kitadake03_2017_0003.jpg






ボーコン沢ノ頭までやって来ると、北岳山頂部も登場。
満足するまで景色を味わうと、来た道を引き返す事にする。






click_to_expand_12.gif    昨日踏んだ北岳
thum_Kitadake03_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    甲斐駒ケ岳・八ヶ岳
thum_Kitadake03_2017_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    この眺めも見納め
thum_Kitadake03_2017_0006.jpg






幕営地まで戻ると、撤収&荷詰め。
重たくなったザックを背負うと9時前、下山を開始する。



池山御池手前で雪が薄くなると、アイゼンを脱ぐ。
池山ピークで休憩後、急な樹林帯を黙々と下降、11時半頃にアルキ沢橋着。



暫く車道を歩くと、夜叉神峠から入山した事を後悔させてくれる、鷲ノ住山への急斜面を上って行く。
しつこい上りに1時間半ほど喘ぐとようやく鷲ノ住山、更に暫し進むと車道へ合流。






click_to_expand_12.gif    北岳を仰ぐ
thum_Kitadake03_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    間ノ岳
thum_Kitadake03_2017_0008.jpg






最後の隋道、長く暗い夜叉神トンネルを抜けると、この旅も終わり。
3時過ぎ、夜叉神峠の駐車場まで戻った。



会心の登頂とはならなかったが、美しい風景を楽しめ、無事に山頂を踏む事が出来た。
未だ続く 「裏目の悪循環」 を考えると、まあ、「良し」としておこう・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/418-893eaf96