2017年1月4日、北岳登山二日目の模様です。 登山形態:単独
北岳登山:標高2600m→砂払→ボーコン沢ノ頭→八本歯ノ頭→北岳→砂払





池山吊尾根の幕営地にて起床。
稜線部を望むと晴れているようなので、北岳山頂へ行く事に決めて準備する。



黎明前の6時過ぎ、ゆるゆると出発。
トレース明瞭な樹林帯を暫し歩くと砂払、森林限界を超え視界が開ける。




click_to_expand_12.gif    夜明けを待つ間ノ岳・農鳥岳
thum_Kitadake02_2017_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    広い尾根を行く
thum_Kitadake02_2017_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    黎明と富士
thum_Kitadake02_2017_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    このひと時が堪らない
thum_Kitadake02_2017_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    鳳凰山
thum_Kitadake02_2017_0005.jpg






陽光を浴びる美しい山岳風景に感嘆しつつ、広い尾根を40分ほど登るとボーコン沢ノ頭。
ここで、バットレス擁する北岳山頂部が、姿を現す。






click_to_expand_12.gif    北岳がお目見え
thum_Kitadake02_2017_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    いやぁ 美しい
thum_Kitadake02_2017_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    甲斐駒ケ岳
thum_Kitadake02_2017_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    眼前にバットレスを望みつつの歩行
thum_Kitadake02_2017_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    八本歯ノ頭
thum_Kitadake02_2017_0010.jpg






緩やかになった尾根を1時間ほどアップダウンすると、岩峰の八本歯ノ頭へでる。
雪の付いた岩場を慎重にクライムダウンし、八本歯のコルへ降りるとホッと一息。






click_to_expand_12.gif   
thum_Kitadake02_2017_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    八本歯ノ頭を振り返る
thum_Kitadake02_2017_0012.jpg






稜線へ向け急登に喘いでいると、湿った空気の影響か、嫌な雲が俄かに流れてきた。
「山頂まで間に合ってくれ」 と、祈るような気持ちで稜線へ出ると、強烈な北西風のお出迎え。






click_to_expand_12.gif    山頂まであと少しだというのに、雲が流れてきた
thum_Kitadake02_2017_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    近づく山頂
thum_Kitadake02_2017_0014.jpg






ガレ場に雪が付き、長い雪壁と化した斜面を 「えっちらほっちら」 と登り詰める。
そこから緩やかな尾根を暫し歩くと10時過ぎ、北岳山頂へ着いた。






click_to_expand_12.gif    雲間から仙丈ケ岳
thum_Kitadake02_2017_0015.jpg






ガス雲が流れ込んでいるが、雲の切れ目より景色が望まれる。
快晴とならなかったのは残念だが、年末から続く「裏目」を考えれば、仕方無しか・・・






click_to_expand_12.gif    甲斐駒ケ岳方面
thum_Kitadake02_2017_0016.jpg






更に強まる風のなか、2~3組の登山者と擦れ違いつつ、来た道を帰る。






click_to_expand_12.gif    富士山を望みながら下る
thum_Kitadake02_2017_0017.jpg








click_to_expand_12.gif    仰ぐと稜線部は雲の中
thum_Kitadake02_2017_0018.jpg






昼過ぎ、幕営地まで戻るが、今日中に入山口まで帰るのも難儀。
足元を解くと、テントへ潜り込んだ。





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/417-44560c8b