2016年10月15日、朝日連峰登山初日の模様です。 登山形態:単独
朝日連峰登山初日:朝日鉱泉→上倉山→御影森山→大沢峰→平岩山





早朝、神室連峰へ登る予定で、白鷹町の道の駅を出発。
霧も晴れ、快晴模様となるが、北へ向かうにつれ不安定な天候に。



尾花沢に着く頃には小雨も降りだし、下降する登山意欲。
暫し思案の末、晴れているであろう朝日連峰へ登る事に決め、来た道を戻って行く。



朝日町まで戻ると林道へ、やがて未舗装の道をうねうねと。
朝日鉱泉手前の通行止め地点に駐車すると9時半前、ゆるゆると歩き出した。



15分ほどの車道歩きで朝日鉱泉を通り過ぎ、吊橋を渡ると登山道。
沢沿いから再び吊橋で沢を渡ると、急峻な尾根道を上って行く。




click_to_expand_12.gif    樹間より大朝日岳
thum_F-Asahirenpou01_2016_0001.jpg






二時間ほどの喘ぎで上倉山を越えると、歩くにつれ辺りの紅葉も鮮やかさを増していく。





click_to_expand_12.gif    雪国らしい錦色の山肌
thum_F-Asahirenpou01_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_F-Asahirenpou01_2016_0003.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_F-Asahirenpou01_2016_0004.jpg






1361m肩までやって来ると視界も全開となり、秋色の見事な色彩に溜息も漏れる。






click_to_expand_12.gif    尾根を彩る秋色
thum_F-Asahirenpou01_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    御影森山を仰ぐ
thum_F-Asahirenpou01_2016_0006.jpg






細くなる尾根を登り詰めると2時前、御影森山山頂。
ここからは、美しい彩の山肌を楽しみつつの稜線漫歩となる。






click_to_expand_12.gif    大朝日岳~小朝日岳
thum_F-Asahirenpou01_2016_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    彩を楽しみつつ稜線を歩く
thum_F-Asahirenpou01_2016_0008.jpg






紅・橙・黄と、最盛期の東北の紅葉は、本当に素晴らしい・・・






click_to_expand_12.gif    萌えている
thum_F-Asahirenpou01_2016_0009.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_F-Asahirenpou01_2016_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    道連れの大朝日岳
thum_F-Asahirenpou01_2016_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    夕日に染まる
thum_F-Asahirenpou01_2016_0012.jpg






夕刻まで存分に秋山を味わうと、適所で店仕舞い。
また明日が楽しみだ・・・





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/406-f347c3a4