2016年4月30日、表妙義山縦走の模様です。
表妙義山縦走:妙義神社→奥ノ院→相馬岳→茨尾根→東岳→中之岳→石門群





巷はゴールンウィークに突入。
寡雪による無残な残雪模様&天候不安&混雑嫌忌の為、行きたい所も思い浮かばず・・・



困った時の妙義山があるではないか! っという事で「道の駅みょうぎ」に前夜泊。
早朝起床すると6時前、妙義神社から入山。




click_to_expand_12.gif    妙義神社
thum_Myougisan_2016_0001.jpg






久々の登山、新緑のなか気持ち良く歩き、まずは「大の字岩峰」までゆるゆると。






click_to_expand_12.gif    大の字岩峰より妙義山を仰ぐ
thum_Myougisan_2016_0002.jpg






やがて奥ノ院を過ぎると、ここより鎖の多い岩場。
柔軟性のあるトレッキングシューズが快適、ルート取りも巧くいき、鎖不使用で攀じ登る。



アカヤシオの様な淡い桃色のミツバツツジも各所で見頃。
稜線部まで登ってくると視界も全開、爽やかな心持で独り歩く。






click_to_expand_12.gif    山肌を飾る清涼な緑が気持ちよい
thum_Myougisan_2016_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    裏妙義山方向
thum_Myougisan_2016_0004.jpg






岩稜では風景を、樹林帯では新緑とツツジの彩りと、愉快な漫歩となる。






click_to_expand_12.gif    稜線から逆光の玉石
thum_Myougisan_2016_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    大のぞきから大天狗
thum_Myougisan_2016_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    相馬岳
thum_Myougisan_2016_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    ピンクのミツバツツジ
thum_Myougisan_2016_0008.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Myougisan_2016_0009.jpg






8時半頃、表妙義山最高峰である相馬岳到着。
鬼が島の如き金洞山を眺めつつ、暫し憩う。






click_to_expand_12.gif    相馬岳から金洞山
thum_Myougisan_2016_0010.jpg






いったん稜線を離れ、北側の樹林帯からコルへ。
再び稜線歩きとなると、やがて展望の良い「茨尾根ピーク」。 振り返ると相馬岳が大きい。






click_to_expand_12.gif    逆光で輝く新緑
thum_Myougisan_2016_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    茨尾根ピークから相馬岳を仰ぐ
thum_Myougisan_2016_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    鬼が島の金洞山
thum_Myougisan_2016_0013.jpg






のんびりと風景を楽しむと、再び春に彩られた山歩き。
ゴールンウィークだが、思いのほか静かで、くつろいだ気持ちで歩ける。






click_to_expand_12.gif    登山道を彩るミツバツツジ
thum_Myougisan_2016_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    芽吹く三ツ葉
thum_Myougisan_2016_0015.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Myougisan_2016_0016.jpg






分岐を二箇所通り過ぎると、金洞山への岩壁である「鷹戻し」。
鎖・梯子の物々しさに拘わらず、岩場はミョウギコザクラが可憐に花を広げる。






click_to_expand_12.gif    岩場で花を広げるミョウギコザクラ
thum_Myougisan_2016_0017.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Myougisan_2016_0019.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Myougisan_2016_0022.jpg








click_to_expand_12.gif    鷹戻しから浅間山
thum_Myougisan_2016_0018.jpg






鷹戻しを上りきると小広いピーク。 風景を楽しみつつ一服。






click_to_expand_12.gif    西岳・星穴岳
thum_Myougisan_2016_0020.jpg






見晴らしの良い、鎖絡みの岩稜をアプウダウンで東岳・中之岳と歩くと、楽しかった稜線歩きも終わり。






click_to_expand_12.gif    新緑に包まれる金鶏山を見下ろす
thum_Myougisan_2016_0021.jpg








click_to_expand_12.gif    麓の石門や奇岩
thum_Myougisan_2016_0023.jpg








click_to_expand_12.gif    西岳・谷急山
thum_Myougisan_2016_0024.jpg






下山がてら、散策する石門等の赴きもまた良く、飽きる事がない。






click_to_expand_12.gif    大砲岩辺りから白雲山方向
thum_Myougisan_2016_0025.jpg








click_to_expand_12.gif    第一・第二石門
thum_Myougisan_2016_0026.jpg








click_to_expand_12.gif    第四石門
thum_Myougisan_2016_0027.jpg






麓まで下ると、車道を絡めつつ歩き2時前、「道の駅みょうぎ」へ戻った。
表妙義山の日帰り縦走は楽しい。  次訪は秋か、冬枯れか?





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/382-b96da045