登山用時計として
カシオPROTREK(プロトレック)Super Slim Line PRW-1300GBJ-1JR を購入してしまった。


某クレジットカードに加入した時のボーナスポイントを全て使い切って
約27000円で購入、またまたかなりの出費となってしまった。


PROTREK(プロトレック)
watch 008resize


①方位計測ができる
②気圧・温度計測ができる
高度計測ができる
④この種の時計にしては、厚さ11.5㎜とかなり薄型である
⑤ソーラー電池仕様である
⑥電波時計である
⑦洋服の上からでも装着可能なベルクロ止めのゴムバンドがついている


上記の理由から
PROTREK(プロトレック)Super Slim Line PRW-1300GBJ-1JR に決めたのだ。
詳細はコチラ


特に僕にとっては「洋服の上からでも装着可能なゴムバンドがついている」
という事がかなりポイントが高い。
冬、着込んだ服をまくりあげて時計を見るのは大変だし、ザックなどに結びつけるのもイマイチだな~
っと思っていたからだ。


この種の登山用の時計としてはSnnto(スント)Vector(ヴェクター)という時計が有名で
実際に現物を見比べてみたのだが、Snnto(スント)はとにかくでかくて分厚い!
多分装着してみると、相当の違和感があるだろうし
手首を曲げると手の甲に当たってわずらわしいのではないか、と思えた。
店員さんの話では「操作も相当複雑で分かり辛い」との事だったのですぐに選択肢から消えたのだった。


で、実際PROTREK(プロトレック)PRW-1300を装着・操作してみた感想

①付属のベルクロ止めのゴムバンド(伸縮する)で洋服の上からでも楽に装着できた
②軽量・薄型の為、違和感も無く邪魔にならない
③単純に「高度を知る」「温度・気圧を知る」「方位を知る」だけならボタン1つ押すだけですむ

と、いった感じでまあ満足している。
あとは死ぬまでとは言わないが、最低10年位は壊れないで欲しいものだが、どうか。

服の上から装着した感じ
watch 002resize

いずれにしても次回の登山が楽しみだ。

なんか装備だけがどんどん一人前になっていくような今日この頃であった。


登山ブログランキング参加中です 左下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとうれしいなあ~~
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/38-93fc442e