2016年3月14日、穂高連峰横断初日の模様です。
穂高連峰横断初日:新穂高温泉→中の湯→上高地→横尾





6時頃、新穂高の登山者用駐車場で起床。
昨夜まで路面にまったく雪が無かったのだが、未明から降り続く雪に、辺りはすっかり白化粧。



8時過ぎ、雪舞う新穂高温泉をバスで出発。
平湯で松本行きのバスへ乗り換え9時過ぎ、中の湯バス停で下車。




click_to_expand_12.gif    平湯バスターミナル 一晩で真っ白にthum_Yokooone01_2016_0001.jpg






身繕いを終えると、ゆるゆると出発。
ヘッドランプで暗い釜トンネルを抜けると、車道を黙々と歩いていく。






click_to_expand_12.gif    車道を黙々と歩く 序盤はハイカーのトレース有り
thum_Yokooone01_2016_0002.jpg






10時40分頃、上高地を通過。
しんしんと降り続く雪のなか、「松本人志・高須光聖の放送室」を道連れに歩く。






click_to_expand_12.gif    河童橋
thum_Yokooone01_2016_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    こちらに頓着せずに行動する猿
thum_Yokooone01_2016_0004.jpg






徳沢を過ぎると徐々に雪も深くなり、やがてつぼ足でスネ程度のラッセルとなる。






click_to_expand_12.gif    やがて雪深くなり地味なラッセルとなる
thum_Yokooone01_2016_0005.jpg






地味に体力を奪われつつも3時半前、横尾に着いた。






click_to_expand_12.gif    横尾避難小屋
thum_Yokooone01_2016_0006.jpg






無人の横尾避難小屋へお邪魔すると、小屋内幕営。
終日降った湿雪の為か、上着(2レイヤーゴア)を脱ぐとフリースがかなり濡れてしまっている。



小屋前の水場より有難く水を頂くと、早速お湯を沸かし、簡易アイロンでフリースを乾かす。
水作りの労役も無く、ゆったりと乾燥作業をしているうちに、どうやら雪も止んでくれた。



ラジオを聴きつつ夕餉を済ますと7時半頃、シュラフへ。
さあ明日、どこまで行けるか・・・




登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/377-97679b77