2016年2月12日、阿弥陀南稜二日目の模様です。
阿弥陀南稜二日目:P3→阿弥陀岳→中岳→御小屋尾根→舟山十字路





6時半頃、P3直下の幕営地を出発。
ほどなく黎明を迎えると、陽光が山肌を染めゆくなか、ゆるゆると独り歩く。




click_to_expand_12.gif    陽光差す権現岳
thum_Amidadake02_2016_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    静寂の赤岳
thum_Amidadake02_2016_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    木曽山脈・御嶽山
thum_Amidadake02_2016_0003.jpg






P3基部を西方から巻くと、雪の詰まった長いルンゼを登って行く。
斜度はそれほど急ではなく、氷化もしていない為、難なく登り詰めるとP3ピーク。






click_to_expand_12.gif    阿弥陀岳を仰ぐ
thum_Amidadake02_2016_0004.jpg






ダイナミックとなっていく風景を眺めつつ、P4・P5の岩場を通過。
7時半頃、阿弥陀岳山頂。






click_to_expand_12.gif    山頂付近から赤岳
thum_Amidadake02_2016_0005.jpg






一息つくと、赤岳方面へ歩を進める。
も、歩くにつれ稜線に雲が流れ込んできて、中岳・赤岳間のコルで歩行意欲消失。






click_to_expand_12.gif    阿弥陀岳下部より権現岳方向
thum_Amidadake02_2016_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    中岳より阿弥陀岳
thum_Amidadake02_2016_0007.jpg






予報より早めに天気が崩れるようなので、今回はここまでとして、来た道を引き返して行く。
赤岳~横岳~硫黄岳と縦走する予定だったのだが・・・






click_to_expand_12.gif    横岳に流れ込む雲
thum_Amidadake02_2016_0008.jpg






阿弥陀岳へ戻る頃には、すっかりガス模様。
急きたてられるようにして、トレース明瞭な御小屋尾根を下っていく。



数人の登山者と擦れ違いつつ下り、昼前下山。
次訪は、赤岳天狗尾根か?





登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/373-1f9a5106