2015年12月29日、赤石岳登山二日目の模様です。
赤石岳登山二日目:椹島→東尾根→赤石小屋→富士見平





まだ薄暗い6時頃、椹島を出発。
一上りした林道から東尾根登山口へ、急斜面をジグザグに高度を上げていく。



1時間半ほどで林道へでる頃から、ようやく雪が薄っすら現れてくる。
昨年(荒川岳登山)と違い、概ね順調に歩行が捗る。




click_to_expand_12.gif    雪が少なく、順調に登って行く
thum_Akaishidake02_2015_0001.jpg






南アらしく展望の無い登山が続くが、標高も2400mを越えてくると、時折視界が開けて励みになる。






click_to_expand_12.gif    樹間より東尾根擁する聖岳
thum_Akaishidake02_2015_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    赤石岳の稜線
thum_Akaishidake02_2015_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    赤石岳山頂方向を仰ぐ
thum_Akaishidake02_2015_0004.jpg






12時半過ぎ、赤石小屋到着。 まだ時間が早い事もあり更に先へ。






click_to_expand_12.gif    赤石小屋
thum_Akaishidake02_2015_0005.jpg






徐々に雪も深くなってくるが、有難い事にトレースがある為、つぼ足で行く。
1時間ほどで富士見平へ出ると視界全開、素晴らしい眺望だ。






click_to_expand_12.gif    富士見平
thum_Akaishidake02_2015_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    荒川岳
thum_Akaishidake02_2015_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    小赤石岳へと突き上がる尾根
thum_Akaishidake02_2015_0008.jpg






暫し物色すると、比較的風の影響が少なそう場所を整地して幕営。
あっという間に陽が稜線へ隠れると、急激に下降する気温。



凍えつつ水作りの労役を終えると、いつも通りスープパスタで夕餉。
7時過ぎ、腹に不安を吞み込みつつシュラフへ包まった。 明日登頂なるか・・・




登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/367-a8040371