2015年10月18日、会津朝日岳登山の模様です。
会津朝日岳登山:いわなの里→叶ノ高手→会津朝日岳





夜明け前、田子倉ダムの車中泊場所で起床。
朝飯を食らっている頃、日の出を迎えるものの、曇っている様子に出鼻をくじかれる。



車内で暫く無為に過ごすが、これは低層の雲で上層は晴れていると判断し出発。
暫しのドライブで登山口へ。 予定より遅れ7時頃、会津朝日岳へ向けゆるゆると歩き出した。



上層が晴れているとは思えない「どん曇り」の中、沢沿いの平坦路を行く。




click_to_expand_12.gif    歩き出しはどん曇り
thum_Aizuasahidake_2015_0001.jpg






やがて斜面に取付き、標高も1000mを越えると突如雲上。
萌える色づきに感嘆しつつ、幸せな気持ちで歩く。






click_to_expand_12.gif    雲を抜けると錦秋がお出迎え
thum_Aizuasahidake_2015_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    人見ノ松から浅草岳
thum_Aizuasahidake_2015_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    広がる雲海
thum_Aizuasahidake_2015_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    スラブ状の朝日岳稜線
thum_Aizuasahidake_2015_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    叶ノ高手辺りから山頂方向
thum_Aizuasahidake_2015_0006.jpg






叶ノ高手からいったん下り、熊ノ平辺りまでは平坦な道。
避難小屋からバイウチノ高手まで上ると、滑りやすい岩がらみの急勾配となる。



岩稜の会津朝日岳山頂部まで上り詰めると、視界も全開。
裏越後三山や浅草岳等、僕の大好きな山域を一望しつつ、のんびりと憩う。






click_to_expand_12.gif    丸山岳方向 残雪期に行ってみたい
thum_Aizuasahidake_2015_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    裏越後三山
thum_Aizuasahidake_2015_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    浅草岳方向
thum_Aizuasahidake_2015_0009.jpg






1時間ほど景色を楽しむと、来た道を戻る。
往路は雲で冴えなかった麓の紅葉の見事さに歩が進まず、遅々とした足取り。






click_to_expand_12.gif   
thum_Aizuasahidake_2015_0010.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Aizuasahidake_2015_0011.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Aizuasahidake_2015_0012.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Aizuasahidake_2015_0013.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Aizuasahidake_2015_0014.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Aizuasahidake_2015_0015.jpg






3時頃、下山。
予てより歩いてみたかった会津朝日岳は、錦模様で迎えてくれました。






登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/361-6d6567e8