2015年10月6日、頚城山塊焼山火打山縦走二日目の模様です。
焼山火打山縦走二日目:泊岩→焼山→火打山→高谷池→笹ヶ峰





6時前、ゆるゆると幕営地を出発。
若干霞んでいるものの、宵のうちに流れ込んでいた雲も消えつつあり、気持ち良く歩く。



徐々に鮮明に拡がって行く景色を楽しみつつ、ガレ気味の焼山西斜面を登る。
7時半頃、焼山山頂到着。 山体に遮られていた太陽も顔を出し、陽光に温みつつ景色を眺める。




click_to_expand_12.gif    金山 背景に北アルプス
thum_Kubiki02_2015_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    鉾ヶ岳方向
thum_Kubiki02_2015_0002.jpg








click_to_expand_12.gif    火打山・妙高山
thum_Kubiki02_2015_0003.jpg






非常に急峻な斜面をコルである胴抜切戸まで下ると、これまた急峻な細尾根の上り返しとなる。






click_to_expand_12.gif    鞍部から火打山
thum_Kubiki02_2015_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    焼山を仰ぐ
thum_Kubiki02_2015_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    天狗原山方向
thum_Kubiki02_2015_0006.jpg








click_to_expand_12.gif    高妻山方向
thum_Kubiki02_2015_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    焼山と対峙
thum_Kubiki02_2015_0008.jpg








click_to_expand_12.gif    影火打山・火打山
thum_Kubiki02_2015_0009.jpg






最低鞍部から1時間半ほどの上りでようやく影火打山だ。
快晴だった青空にもガスが湧き出して、火打山へ着く頃にはガス模様となる。



早々に火打山を後にするとガスも晴れてきて、天狗の庭まで下ると再び好天に。
高谷池まで高層湿原の楽園散歩となる。






click_to_expand_12.gif    火打山下りから高谷池を見下ろす
thum_Kubiki02_2015_0010.jpg








click_to_expand_12.gif    天狗の庭から
thum_Kubiki02_2015_0011.jpg








click_to_expand_12.gif    高谷池
thum_Kubiki02_2015_0012.jpg






富士見平から黒沢の間は見事な紅葉。
萌える樹々に見惚れつつ、撮影に興じながらゆっくりと下る。






click_to_expand_12.gif    富士見平から三田原山
thum_Kubiki02_2015_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    山腹は紅葉の盛り
thum_Kubiki02_2015_0014.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kubiki02_2015_0015.jpg








click_to_expand_12.gif   
thum_Kubiki02_2015_0016.jpg






3時前、笹ヶ峰へ下山。
秋の頚城山塊は最高。 また来るよ~




登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/356-4b58bf3c