2015年8月8日、北アルプス縦走5日目の模様です。  登山形態:単独
北アルプス縦走5日目:三俣蓮華山荘→鷲羽岳→水晶岳→野口五郎岳→裏銀座





4時半頃、キャンプ地を出発。 今日も朝から快晴。
黎明期の最も風景が劇的に変化していく空気感に包まれつつ、稜線を上って行く。




click_to_expand_12.gif    北鎌尾根擁する槍
thum_Hidamountains05_2015_0001.jpg








click_to_expand_12.gif    三俣蓮華方向
thum_Hidamountains05_2015_0002.jpg




6時前、鷲羽岳山頂。 徐々に鮮明さを増す夏山風景を楽しむ。




click_to_expand_12.gif    薬師岳
thum_Hidamountains05_2015_0003.jpg








click_to_expand_12.gif    水晶岳へ伸びる稜線
thum_Hidamountains05_2015_0004.jpg








click_to_expand_12.gif    槍ヶ岳方向
thum_Hidamountains05_2015_0005.jpg








click_to_expand_12.gif    黒部五郎岳 奥は白山
thum_Hidamountains05_2015_0006.jpg




鷲羽岳を後に、ワリモ岳から雲ノ平分岐まで下ると、穏やかな稜線を登って行く。




click_to_expand_12.gif    祖父岳
thum_Hidamountains05_2015_0007.jpg








click_to_expand_12.gif    薬師岳・水晶岳
thum_Hidamountains05_2015_0008.jpg




やがて水晶小屋へ着くとザックをデポ、簡易ザックに背負い変えると、更に先へ。




click_to_expand_12.gif    近づく水晶岳
thum_Hidamountains05_2015_0009.jpg








click_to_expand_12.gif    槍ヶ岳~穂高連峰
thum_Hidamountains05_2015_0012.jpg








click_to_expand_12.gif    雲ノ平の先、黒部五郎岳
thum_Hidamountains05_2015_0011.jpg




8時過ぎ、水晶岳山頂。
美しい山岳風景を飽きる事無く望みつつ、のんびり憩う。




click_to_expand_12.gif    赤牛岳の奥、立山~後立山
thum_Hidamountains05_2015_0010.jpg




後ろ髪引かれつつ水晶岳を後に、水晶小屋まで引き返すと稜線を東へ。




click_to_expand_12.gif    水晶小屋辺りから、水晶岳~赤牛岳
thum_Hidamountains05_2015_0013.jpg








click_to_expand_12.gif    ヨツバシオガマ
thum_Hidamountains05_2015_0014.jpg








click_to_expand_12.gif    野口五郎岳と裏銀座の稜線
thum_Hidamountains05_2015_0015.jpg








click_to_expand_12.gif    イワギキョウ
thum_Hidamountains05_2015_0016.jpg




各所でロックガーデン化した稜線をアップダンで昼前、真砂分岐。 ここから裏銀座へ。




click_to_expand_12.gif    谷を挟み、表銀座の平らな稜線
thum_Hidamountains05_2015_0017.jpg




砂・石・岩、全てが白いザレ道で、ザングラスを持っていない身には、反射光が非常に眩しい。




click_to_expand_12.gif    野口五郎岳を仰ぐ
thum_Hidamountains05_2015_0018.jpg




野口五郎岳で休憩しつつ目も休めると、穏やかな稜線を行く。




click_to_expand_12.gif    高瀬ダムを挟み、餓鬼岳
thum_Hidamountains05_2015_0019.jpg




やがて三ツ岳の肩から烏帽子小屋が見えると、高密度のテント群が眼下に見えて・・・
流浪の末、某テント地にて、7時半頃シュラフへ。 良き夏の一日でした。




登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/349-27f05ea7