2015年4月27日~28日、GW景鶴山登山の模様です。
GW景鶴山登山:白沢山→大白沢山→景鶴山→与作岳→尾瀬ヶ原→山ノ鼻→鳩待峠





[27日]


平ヶ岳登頂後、幕営地であった白沢山を9時半過ぎ、ゆるゆると出発。
穏やかな稜線を1時間半ほどのアップダウンで、標高1910m付近の稜線出合へ着く。



click_to_expand_12.gif    稜線から平ケ岳を振り返る
thum_Keizuruyama_2015_0001.jpg



そこを東方の稜線へ、いったんコルまで下る。
雪を拾うように南から巻いて行き、雪面を上り返すと大白沢山山頂へ出る。



click_to_expand_12.gif    ススヶ峰 奥は赤倉岳
thum_Keizuruyama_2015_0002.jpg






click_to_expand_12.gif    大白沢山から至仏山
thum_Keizuruyama_2015_0003.jpg






click_to_expand_12.gif    燧ケ岳 右手前が景鶴山
thum_Keizuruyama_2015_0004.jpg



尾根通しに景鶴山頂西側の直下までやって来たが、山頂付近が急な岩場となっており、とても上れそうに無い感じ。
も、ここよりトレース出現。 山頂北面をトラバースしている踏跡に従い、山頂東側直下まで巻く。


再び稜線に合流し、西方に上り返すと2時前、景鶴山へ着いた。
景鶴山というのは登山道が無いにも係わらず、300名山に選定されているという珍しい山である。



click_to_expand_12.gif    眼下に尾瀬ヶ原が拡がる
thum_Keizuruyama_2015_0005.jpg






click_to_expand_12.gif    景鶴山から燧ケ岳
thum_Keizuruyama_2015_0006.jpg






click_to_expand_12.gif    平ヶ岳
thum_Keizuruyama_2015_0007.jpg






click_to_expand_12.gif    西日の至仏山
thum_Keizuruyama_2015_0008.jpg



3時頃までゆっくり風景を眺めやった後、先を急ぐ旅でもないので、景鶴山の肩付近を整地し幕営してしまう。
のんびり水を作り、夕餉をパスタで済ますと7時過ぎ、シュラフへ。





[28日]


6時頃、幕営地を出発。



click_to_expand_12.gif    逆光の燧ケ岳
thum_Keizuruyama_2015_0009.jpg



小一時間で与作岳(松グラ高山)山頂部へ着くと、視界の開けた北面で風景を味わいつつ憩う。



click_to_expand_12.gif    与作岳から平ヶ岳 右奥は荒沢岳
thum_Keizuruyama_2015_0010.jpg






click_to_expand_12.gif    末丈ヶ岳・毛猛山・守門岳・村杉岳・浅草岳など・・・ 分かる人は越後好きです
thum_Keizuruyama_2015_0011.jpg






click_to_expand_12.gif    会津の深山 丸山岳方向
thum_Keizuruyama_2015_0012.jpg






click_to_expand_12.gif    丸山岳~会津駒ケ岳 いつか縦走してみたい・・・
thum_Keizuruyama_2015_0013.jpg






click_to_expand_12.gif    至仏山 左奥は武尊山
thum_Keizuruyama_2015_0014.jpg



笹山とのコルまで尾根通しで行くと、南西方向に歩きやすい斜面を下り8時半過ぎ、尾瀬ヶ原へ降りる。
彩と変化にかける雪原歩きを二時間ほどで、山ノ鼻へ到着。



click_to_expand_12.gif    景鶴山を仰ぐ
thum_Keizuruyama_2015_0015.jpg






click_to_expand_12.gif    尾瀬ヶ原から至仏山
thum_Keizuruyama_2015_0016.jpg






click_to_expand_12.gif    燧ケ岳
thum_Keizuruyama_2015_0017.jpg



平坦な沢沿いからやがて、緩やかな斜面を上りきると昼前、鳩待峠へ戻った。
雪解けの早さに中止も考えていたGW登山だが尾瀬を選んで正解、思ったよりも雪が残っており概ね満足。
いつか、尾瀬から中ノ岳まで歩いてみたい。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/337-99a11c9a