2015年3月16日、槍ヶ岳登山二日目の模様です。
3月槍ヶ岳登山:槍平→中崎尾根→標高2500m付近





6時頃、槍平をゆるゆるとワカンで出発。
尾根取り付きまで、朝から雪原を埋まりつつ進み、程よい所で尾根へ取り付く。



click_to_expand_12.gif    槍平から穂高連峰を仰ぐ
thum_Yarigatake02_2015_0001.jpg



やはり雪は締まっておらず、のっけからの急雪面を全身を使ったラッセルで、雪を切り崩しつつ登って行く。
時期的に、昨冬の年末より沈まないとは言え、独りのラッセルはキツイもので、喘ぎつつ格闘する。



click_to_expand_12.gif    中崎尾根から大喰岳を仰ぐ
thum_Yarigatake02_2015_0002.jpg



無積雪期の4倍ほどの時間をかけ10時40分頃、ようやく中崎尾根へでた。
ここからは緩やかな尾根道となるものの雪は締まっておらず、登下降の尾根を概ね脛ラッセルでゆるゆると進む。



click_to_expand_12.gif    抜戸岳・笠ケ岳
thum_Yarigatake02_2015_0003.jpg






click_to_expand_12.gif    歩いてきた尾根を振り返る
thum_Yarigatake02_2015_0004.jpg






click_to_expand_12.gif    槍ヶ岳・大喰岳・中岳・南岳
thum_Yarigatake02_2015_0005.jpg






click_to_expand_12.gif    北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・ジャンダルム
thum_Yarigatake02_2015_0006.jpg






click_to_expand_12.gif    西鎌尾根も段々と近づいてくる
thum_Yarigatake02_2015_0007.jpg






click_to_expand_12.gif    雪ひだ輝く抜戸岳
thum_Yarigatake02_2015_0008.jpg



広がる展望を励みに、遅々として進まない道程に耐えようやく3時半頃、標高2500m付近に到着。
この先に幕営適地は無く、何より疲れてしまいもう歩きたくないので、適地を整地し幕営してしまう。



click_to_expand_12.gif    整地して幕営
thum_Yarigatake02_2015_0009.jpg



知識&経験不足の為、選んだこのルートだが、あまりに費用対効果が悪過ぎる。
飛騨沢を上流まで詰めて、傾斜の緩い斜面から中崎尾根へでるべきだったかな・・・

予定では今日中に槍ヶ岳へ到達し、明日南岳西尾根で下るつもりだったが、これでは無理だろう。
まあ、これはこれで良い経験。 明日の登頂を胸にシュラフへ潜った。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/330-04284122