2014年12月27日~28日、荒川岳登山、荒川岳登頂~下山の模様です。
荒川岳登山:2325m→千枚岳→荒川岳→椹島→沼平





[27日]


6時過ぎ、標高2325m幕営地点をワカンで出発。
軽身のおかげもあるだろうが、思いのほか沈まずに良いペースで歩ける。 この分だと荒川岳まで届くか・・・



click_to_expand_12.gif    緩やかな尾根を独り行く
thum_Arakawadake03_2014_0001.jpg






click_to_expand_12.gif    樹間から荒川岳
thum_Arakawadake03_2014_0002.jpg



二時間半ほどで千枚小屋に着くと視界も開け、長かった樹林帯もそろそろ終わりそうだ。
トラバースする夏道は分かり難い為、北西方向に広がる雪原を直登して行く。



click_to_expand_12.gif    千枚小屋
thum_Arakawadake03_2014_0003.jpg






click_to_expand_12.gif    雪原を直登していく
thum_Arakawadake03_2014_0004.jpg



50分ほどのラッセルで、ようやく千枚岳の南側尾根にでる。
アイゼンに履き替えると、赤石岳の展望などを望みつつ、ガレた尾根を上っていく。



click_to_expand_12.gif    千枚岳を仰ぐ
thum_Arakawadake03_2014_0005.jpg






click_to_expand_12.gif    尾根へ出ると赤石岳が望まれた
thum_Arakawadake03_2014_0006.jpg






click_to_expand_12.gif    千枚岳直下より荒川岳
thum_Arakawadake03_2014_0008.jpg






click_to_expand_12.gif    赤石岳を望みつつ行く
thum_Arakawadake03_2014_0007.jpg



やがて夏道と合流、一登りで10時半頃、千枚岳山頂へ着いた。
暫し風景を味わうと、時間的に間に合いそうなので、荒川岳を目指し更に稜線を進む。



click_to_expand_12.gif    千枚岳より、塩見岳・間ノ岳
thum_Arakawadake03_2014_0009.jpg






click_to_expand_12.gif    千枚岳より富士山
thum_Arakawadake03_2014_0010.jpg






click_to_expand_12.gif    千枚岳辺りから荒川岳を仰ぐ
thum_Arakawadake03_2014_0011.jpg






click_to_expand_12.gif    荒川岳へと稜線を行く
thum_Arakawadake03_2014_0012.jpg



悪場(岩場)を終えて一息つくと、広い尾根を上り丸山へ。



click_to_expand_12.gif    千枚岳を振り返る
thum_Arakawadake03_2014_0013.jpg






click_to_expand_12.gif    荒川岳を仰ぐ
thum_Arakawadake03_2014_0014.jpg






click_to_expand_12.gif    丸山への上りから赤石岳
thum_Arakawadake03_2014_0015.jpg






click_to_expand_12.gif    美しいです・・・
thum_Arakawadake03_2014_0016.jpg






click_to_expand_12.gif    近づく荒川岳
thum_Arakawadake03_2014_0017.jpg



丸山から半時ほどの登りで12時20分頃、荒川岳最高峰の東岳(悪沢岳)山頂へでた。



click_to_expand_12.gif    荒川岳山頂
thum_Arakawadake03_2014_0018.jpg






click_to_expand_12.gif    木曽山脈
thum_Arakawadake03_2014_0019.jpg






click_to_expand_12.gif    中岳 いつか縦走してみたい
thum_Arakawadake03_2014_0020.jpg






click_to_expand_12.gif    小河内岳・塩見岳方面
thum_Arakawadake03_2014_0021.jpg



山中誰とも会わず、自らのトレースのみで辿り着く頂は格別でして・・・
満足するまで風景を味わうと、短い冬の日に急きたてられる様にして、来た道を引き返して行く。


二時間ほどで千枚小屋まで戻り、再び樹林帯に入るとホッと一息。
自分の足跡をなぞり3時半過ぎ、2325m幕営地点へ戻り、もう一泊した。







[28日]


6時半前、幕営地を出発。 
雪道での上り下りの所要時間差は大きいもので、往路の半分の時間で椹島まで下る。



click_to_expand_12.gif    朝焼けの赤石岳
thum_Arakawadake03_2014_0022.jpg



入山者4~5組とすれ違いつつ、17kmの車道を黙々と歩き3時半頃、沼平まで戻った。
冬の赤石山脈南部は、大きく静かに迎えてくれました。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/319-caac5914