2014年10月25日、谷川連峰縦走二日目の模様です。
谷川連峰縦走:大障子避難小屋→万太郎山→仙ノ倉山→平標山→平標新道→土樽





5時40分過ぎ、大障子避難小屋を出発。
やがて黎明に照らされ行く風景を味わいつつ、独り歩く。


click_to_expand_12.gif    黎明前
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    オジカ沢ノ頭へと続く稜線
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    万太郎山に陽が差す
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    主稜線を振り返る
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0004.jpg




click_to_expand_12.gif    陰影の茂倉岳
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0005.jpg


万太郎山へ立つと、仙ノ倉山が相変わらずの美しさ。
風も穏やか、天気は快晴、気持ちよく稜線を進んで行く。


click_to_expand_12.gif    万太郎山から仙ノ倉山
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0006.jpg




click_to_expand_12.gif    紅い目白山
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    稜線を仙ノ倉山へ歩いて行く
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    エビス大黒ノ頭を仰ぐ
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0009.jpg


毛渡乗越まで大きく下ると、エビス大黒ノ頭へと急坂を上り返す。


click_to_expand_12.gif    東俣ノ頭~小出俣山方面
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0010.jpg




click_to_expand_12.gif    エビス大黒ノ頭から大源太山方面
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0011.jpg




click_to_expand_12.gif    白砂山・佐武流山等
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0012.jpg




click_to_expand_12.gif    万太郎山
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0013.jpg


更に尾根を上り詰めると11時頃、登山者で賑わう仙ノ倉山山頂だ。


click_to_expand_12.gif    仙ノ倉山上りよりエビス大黒ノ頭を振り返る
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0014.jpg




click_to_expand_12.gif    仙ノ倉山辺りから万太郎山
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0015.jpg




click_to_expand_12.gif    平標山方面 後ろに苗場山
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0016.jpg


ここから道は穏やかなものとなり、大らかな草原地帯となる。
平標山で暫し憩うと北へ、平標新道に入ると再び静かな独り歩きだ。


click_to_expand_12.gif    平標山から佐武流山等
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0017.jpg




click_to_expand_12.gif    魚沼方面 巻機山等
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0018.jpg




click_to_expand_12.gif    平標山直下の池塘から、仙ノ倉山
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0019.jpg




click_to_expand_12.gif    平標新道から茂倉山・谷川岳・万太郎山
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0020.jpg




click_to_expand_12.gif    仙ノ倉山
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0021.jpg




click_to_expand_12.gif    大きく落ちる西ゼンノ沢
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0023.jpg




click_to_expand_12.gif    高度を落としてくると山肌も色づいてくる
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0024.jpg




click_to_expand_12.gif    素晴らしい彩です
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0025.jpg


初めて歩く平標新道から眺める風景が新鮮で素晴らしく、下りも退屈しない。
やがて樹林帯へ入ると、急峻な道をずるずる下っていく。


2時過ぎ、ダイコンオロシ沢を渡ると、仙ノ倉谷沿いの平坦な道となる。
立派な橋で毛渡沢を渡ると登山道も終わり、車道歩きへ。


click_to_expand_12.gif    麓の色づき
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0026.jpg




click_to_expand_12.gif    最後まで退屈しない
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0027.jpg




click_to_expand_12.gif    土樽まで戻ると、上越線をくぐる
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0028.jpg




click_to_expand_12.gif    関越道もくぐる 夕日を浴びる茂倉岳
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0029.jpg


日も暮れ肌寒くなった5時前、ようやく茂倉新道の駐車場へ戻った。
近くて良き山、谷川連峰。 また何度も来るだろう・・・


click_to_expand_12.gif    翌日、湯沢の林道から大好きな魚沼地方の山々を望む
thum_Tanigawarenpou02_2014F_0030.jpg


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/314-421cc43f