2014年10月19日、魚沼山塊縦走二日目の模様です。
魚沼山塊縦走:五竜岳→オカメノゾキ→御月山→中ノ岳→兎岳





黎明後の六時過ぎ、幕営地を出発。
気持ちの良い秋晴れの中、大好きな越後三山に囲まれながら歩く幸せ。


click_to_expand_12.gif    阿寺山と巻機山に陽が差す
thum_Uonuma02_2014F_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    入道岳を仰ぐ
thum_Uonuma02_2014F_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    美しい陰影と山肌
thum_Uonuma02_2014F_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    逆光の魚沼駒ケ岳
thum_Uonuma02_2014F_0004.jpg


尾根を歩く毎、お日様が昇る毎に違った表情を魅せてくれる山々。
めくるめく一時の数珠繋ぎに、もう溺れてとろけそうです。


click_to_expand_12.gif    阿寺山の先、ネコブ山~小沢岳~巻機山
thum_Uonuma02_2014F_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    逆光の中ノ岳
thum_Uonuma02_2014F_0006.jpg




click_to_expand_12.gif    入道岳を振り返る
thum_Uonuma02_2014F_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    秋色の八海山山肌
thum_Uonuma02_2014F_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    急峻で色鮮やかな岩稜が続く
thum_Uonuma02_2014F_0009.jpg




click_to_expand_12.gif    八海山を振り返る
thum_Uonuma02_2014F_0010.jpg


昼前、御月山まで来ると、岩がらみの細尾根も終わり
本日唯一の水場である祓川まで下り喉を潤すと、明日までの水を有り難く汲む。


click_to_expand_12.gif    御月山
thum_Uonuma02_2014F_0011.jpg


一時頃、中ノ岳到着。 あいかわらず魚沼駒ケ岳が美しいようで・・・
大休憩後出発、お馴染みの山々を望みつつ、穏やかな稜線を南へ歩いていく。


click_to_expand_12.gif    相変わらずの美しさで・・・
thum_Uonuma02_2014F_0012.jpg




click_to_expand_12.gif    中ノ岳辺りから荒沢岳
thum_Uonuma02_2014F_0013.jpg




click_to_expand_12.gif    丹後山方面
thum_Uonuma02_2014F_0014.jpg




click_to_expand_12.gif    越後三山揃い踏み
thum_Uonuma02_2014F_0016.jpg




click_to_expand_12.gif    兎岳辺りから荒沢岳
thum_Uonuma02_2014F_0015.jpg




click_to_expand_12.gif    丹後山方面への緩やかな稜線
thum_Uonuma02_2014F_0017.jpg




click_to_expand_12.gif    平ケ岳方面
thum_Uonuma02_2014F_0018.jpg


風が吹き始め肌寒くなった夕刻、兎岳付近まで来ると本日も店じまい。
適所? に幕営すると夕餉後、辺りは霧模様に。


待望していた、八海山・中ノ岳の縦走路は、僕の想像を簡単に超える美しさでした。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/311-5980d116