2014年9月28日、金山雨飾山縦走2日目の模様です。
金山雨飾山縦走2日目:笹平→雨飾山→雨飾高原





幕営地で起床し外を覗いてみると、ガス模様の山頂部。
移動性高気圧様に包まれ快晴の予報なのだが、何故なのだ!


登る気完全に喪失、意気消沈の様相で、とりあえずテント内で待機。
不貞腐れラジオを聴いたりして暇を潰していると、山頂部の雲が千切れ始めてきたようで。
「雉撃ち」後、テント撤収すると7時頃、ようやく雨飾山へ向けゆるゆると歩き出した。


click_to_expand_12.gif    駒ケ岳・鬼ケ面山・鋸岳
thum_Umitani02_2014_0001.jpg


も、笹平へ到着した途端、再びガスに覆われ行く雨飾山山頂部に、テンション急降下。


click_to_expand_12.gif    ノォーーーーー!
thum_Umitani02_2014_0002.jpg


なにしろ晴れないと歩けない男である。
続々と山頂を目指し歩いていく登山者を尻目に、また待機を余儀なくされる僕。


半時ほどジレていると、笹平を携えた絵になる山頂部が、雲の切れ目から姿を現した。
秋色とのコントラストが実に美しく、ようやく気持ち良く歩く事が叶う。


click_to_expand_12.gif    笹平と雨飾山
thum_Umitani02_2014_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    誠に絵になりますなぁ・・・
thum_Umitani02_2014_0004.jpg




click_to_expand_12.gif    山頂より笹平を見下ろす
thum_Umitani02_2014_0003.jpg


山頂を往復するとガレ気味の急斜面を、美しい山肌等を眺めつつ下っていく。
荒菅沢まで下ると、布団菱の岩峰群がこりゃまたワンダフォー、雨飾山っていい山だね・・・


click_to_expand_12.gif    今だスッキリ晴れない金山方面
thum_Umitani02_2014_0006.jpg




click_to_expand_12.gif    美しい山肌を眺めつつ下る
thum_Umitani02_2014_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    布団菱の岩峰
thum_Umitani02_2014_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    荒菅沢から布団菱を仰ぐ
thum_Umitani02_2014_0009.jpg


荒菅沢を渡ると、樹林帯の穏やかな下りからやがて平坦な木道歩き。
雨飾高原で一服後、車道を1時間半ほど黙々と歩き、金山登山口へ戻った。


予想外に雲に恵まれ、不貞腐れ気味の展開となっしまったが
雨飾山の素晴らしさに救われた縦走となった。 またいつか、快晴の空の下歩きたい。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/305-f7cf54e6