2014年8月5日、飯豊連峰縦走最終日の模様です。
飯豊連峰縦走最終日:御西岳~飯豊本山~大日杉





夜明け後、出発の準備を整えるも、ガス模様の為暫しテント内で待機。
7時頃、ガスが幾分消えてきたようなので、テント撤収後ゆるゆると出発した。


click_to_expand_12.gif    黎明直後の大日岳 この後すぐガスに包まれた
thum_Iiderenpou03_2014_0001.jpg


歩くに従い雲が取れてきて、やがて気持ちの良い稜線散歩となる。
9時頃、飯豊本山に到着すると、景色を味わいつつ憩う。


click_to_expand_12.gif    稜線に咲いていたウスユキソウ
thum_Iiderenpou03_2014_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    雲が取れると美しい山並みが望まれる
thum_Iiderenpou03_2014_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    飯豊本山山頂付近より北股岳方面
thum_Iiderenpou03_2014_0004.jpg


本山小屋のテント場を過ぎると、ガレ気味の道を急下降していく。
草履塚で水を補給し一服、そこから暫しで切合小屋だ。


click_to_expand_12.gif    下りつつ1908mピーク方面
thum_Iiderenpou03_2014_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    大日岳(右)方面
thum_Iiderenpou03_2014_0006.jpg




click_to_expand_12.gif    ガスに覆われいく飯豊本山を仰ぐ
thum_Iiderenpou03_2014_0007.jpg


種蒔山へ少し登った所で分岐を左へ
雪渓のトラバースをやりすごし、やがて尾根と合流すると、アップダウンの稜線を行く。


click_to_expand_12.gif    地蔵岳より飯豊本山方面
thum_Iiderenpou03_2014_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    大日杉小屋
thum_Iiderenpou03_2014_0009.jpg


地蔵岳でタクシー会社へ連絡をすると、ひたすら下っていき三時頃、大日杉へ到着。
折りよく来たタクシーで小国まで戻った。


秋の飯豊連峰も歩いてみたいな・・・


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/302-4da8595c