2014年3月17日、奥穂高岳登山最終日の模様です。
3月奥穂高岳登山最終日:白出乗越→奥穂高岳→涸沢岳→蒲田富士→新穂高





4時前、シュラフから這い出す。
夜中まで続いた暴風雪のおかげで、四方から雪がテントを圧迫している状況。


雪をテントの内側から、パンチをしたり手で押したりして、スペースを確保すると
シュラフをたたみ歯を磨き、温かいココアラテでホッと一息。


外を覗いて見ると、予報どおりの快晴。
カップヌードルを流し込みキットカットで補給すると荷を詰めテント撤収。
6時20分頃、奥穂高岳へ向けゆるゆると歩き出した。


click_to_expand_12.gif    奥穂高岳山頂方向を仰ぐ
thum_Hotakadake03_2014W_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    雪面も夜明け色に
thum_Hotakadake03_2014W_0002.jpg


登りだしの壁面は急傾斜と強風で雪が付いておらず、夏道通しに行く。
所々、ピックやシャフトを突き刺しバランスを摂りつつ、岩場を登る。
周りを見渡すと、北アルプス南部の雪景色が美しい。


click_to_expand_12.gif    北穂高岳・常念岳
thum_Hotakadake03_2014W_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    笠ケ岳
thum_Hotakadake03_2014W_0004.jpg


やがて傾斜も緩むと、目指す山頂が見えてくるが
気が急いているせいと疲労の為か、夏や秋よりもピークが遠く感じられる。


早く着け~ 早く着け~ っと喘ぎつつ稜線をゆるゆる、奥穂高岳山頂へ7時過ぎに到達した。
独りきりの頂で、思わずケルンに立つ祠を抱きしめている僕。


快晴の空、そこから眺めやる山岳風景は、苦労して味わうに値する素晴らしいものだ。
空気も澄んでおり、これ以上何も望むものは無い。


click_to_expand_12.gif    穂高連峰の先に槍ヶ岳
thum_Hotakadake03_2014W_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    前穂高岳
thum_Hotakadake03_2014W_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    霞沢岳・乗鞍岳・焼岳
thum_Hotakadake03_2014W_0006.jpg




click_to_expand_12.gif    常念山脈
thum_Hotakadake03_2014W_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    ジャンダルム
thum_Hotakadake03_2014W_0009.jpg


得心するまで景色を堪能すると、来た道を戻り白出乗越へ。
改めてザックを背負うとゆるゆると登り、涸沢岳へ8時半頃、到着。
再び腰を落ち着けると、穏やかな気持ちで風景を味わう。


click_to_expand_12.gif    北尾根擁する前穂高岳
thum_Hotakadake03_2014W_0010.jpg




click_to_expand_12.gif    奥穂高岳
thum_Hotakadake03_2014W_0011.jpg




click_to_expand_12.gif    槍ヶ岳~北穂高岳
thum_Hotakadake03_2014W_0012.jpg




click_to_expand_12.gif    北穂高岳
thum_Hotakadake03_2014W_0013.jpg




click_to_expand_12.gif    黒部五郎岳~薬師岳~水晶岳~立山
thum_Hotakadake03_2014W_0014.jpg




click_to_expand_12.gif    北穂高岳
thum_Hotakadake03_2014W_0015.jpg


30分ほど楽しむと下山を開始。
稜線を暫しでやがて急雪面、氷化している訳ではないので、ずんずんF沢のコルまで下る。


click_to_expand_12.gif    F沢のコルから涸沢岳方向を仰ぐ
thum_Hotakadake03_2014W_0016.jpg




click_to_expand_12.gif    蒲田富士まで続く雪庇尾根
thum_Hotakadake03_2014W_0017.jpg


雪庇張り出す尾根を通過すると蒲田富士ピーク。
一部クライムダウン(雪面と正対)を交えつつ、再び急雪面を下るとジャンクションピーク。
尾根を右方向に進むとやがて樹林帯、雪団子が煩わしくなる頃、アイゼンを外しつぼ足に。


click_to_expand_12.gif    西穂高岳
thum_Hotakadake03_2014W_0018.jpg


涸沢岳西尾根を下りきると白出沢出合で、ここから林道。
腰痛と胃不調でヨタヨタ歩き3時前、新穂高の駐車場へ戻った。


目標の一つであった、積雪期の槍・穂高エリアの登頂を果たす事ができ、満足。
さあ、来年は中崎尾根か横尾尾根か、槍ヶ岳へ借りを返しに行こうか!?



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/284-29b7d089