2014年3月16日、奥穂高岳登山2日目の模様です。
3月奥穂高岳登山2日目:涸沢岳西尾根2500m付近→蒲田富士→涸沢岳→白出乗越





3時半頃、シュラフから這い出す。
午後から荒天が予想されている為、早めの動き出しだ。


スープ焼きそばをすすり、キットカットで充電すると荷詰め。 で、テント撤収している時、油断。
アンカーを外しテントから手を離した刹那に強風が吹き、ズルズルっと飛ばされていくテント。


なあっ! っと慌ててテントを追っかけた際、雪庇を踏み抜き急斜面を落下する僕。
10mほど落ちた所で、左手に折りよくあった木にしがみつき停止、危ねぇぇぇ~~~・・・


辺りを見回すと幸運な事に、右手3mほど下方で、木に引っかかっているテントを発見。
ラッセルでいったん尾根へ上り返し準備すると再び下り、テントを回収し再び尾根へ上る。


迂闊さと幸運を噛み締めつつ6時頃、ゆるゆるとワカン・アイゼン同時装着で歩き出した。
40分ほどで森林限界、2600m付近ジャンクションピークに到着。


click_to_expand_12.gif    森林限界手前から尾根を振り返る。 この尾根の右手へ落ちた
thum_Hotakadake02_2014W_0001.jpg




click_to_expand_12.gif    年末歩くはずだった中崎尾根(中央)から西鎌尾根(中央奥から右上)
thum_Hotakadake02_2014W_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    蒲田富士
thum_Hotakadake02_2014W_0003.jpg


暫し上ると、急雪面の手前でワカンを外し、アイゼン・ピッケルで行く。
ほぼ岩稜伝いに登っていくと(実際は岩稜右手ルンゼ状急雪面が正解)、やがて蒲田富士ピーク。


click_to_expand_12.gif    西穂高岳方面
thum_Hotakadake02_2014W_0004.jpg




click_to_expand_12.gif    笠ケ岳方面
thum_Hotakadake02_2014W_0005.jpg


雪庇の発達した台地状の尾根をゆるゆると進み9時前、F沢のコルへ着いた。
既に天気は下り坂で、稜線部は雲に覆われつつある。 風も強そうだ。


click_to_expand_12.gif    台地状の尾根にトレースを刻む
thum_Hotakadake02_2014W_0006.jpg




click_to_expand_12.gif    ジャンダルム方面
thum_Hotakadake02_2014W_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    これから登る涸沢岳方向を仰ぐ
thum_Hotakadake02_2014W_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    中岳・南岳方面
thum_Hotakadake02_2014W_0009.jpg


ここから再び急雪面、3月中旬だというの低温の影響か、雪は締まっておらず各所でラッセルとなる。
喘ぎ喘ぎやがて稜線にでると強風、時折立っていられない程の暴風が吹く中、ヨタヨタ進む。


視界が悪い事もあり、ここからが思ったより長く感じられ
早く着け~・・・ 早く着け~・・・ っと念じるように歩き11時前、ようやく涸沢岳を通過。


一応コンパスで方向を確認しつつ下り、やがて穂高岳山荘の屋根が見えると一安心。
当てにしていた冬季小屋だが、ほぼ雪で埋まっており、また入口の位置も分からない為断念。


比較的風が防げそうな、冬季小屋脇を整地すると幕営。
行動食を抹茶ラテで流し込むと、体調が悪い(風邪気味&胃不調)為、夕方までシュラフに包まる。


4時半頃、シュラフから這い出すと若干体調も復活。
ラジオを聴きつつ水を作り、濃厚カレー雑炊で腹を満たすと再びシュラフへ潜り込んだ。


外は更に荒天模様で暴風雪となっているが、明日は晴れる予報。
快晴の奥穂高岳が、僕を待っている筈だ。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/283-581da8c9