2013年11月1日、秋の谷川連峰縦走初日の模様です。
谷川連峰縦走:巖剛新道→谷川岳→オジカ沢ノ頭→万太郎山→仙ノ倉山→平標山





7時前土合駅を、かねてから歩いてみたかった谷川連峰主脈縦走へゆるゆると出発。
何度も来ている谷川連峰だが、なかなか機会に恵まれず、主脈縦走はこれが「お初」です。


土合橋を渡ると国道を逸れ、湯檜曽川沿いに右手へ暫しの林道歩き。
30分ほどで分岐、左手へ斜面をえっちら上り再び国道へでると、谷川岳のビューポイント。


click_to_expand_12.gif    早速きました・・・
thum_Tanigawa01_2013_0001.jpg


暫し進むと巖剛新道入口、ここから登山道となる。
小一時間ほどで展望台、マチガ沢から聳え立つ谷川岳東壁が迫力だ。


click_to_expand_12.gif    マチガ沢から聳える東壁
thum_Tanigawa01_2013_0002.jpg


凹状だった道もやがて岩がらみとなり10時頃、西黒尾根へでる。
登るにつれ近づくオキノ耳・トマノ耳、天神尾根と合流するようになるとなかなかの賑わい。


click_to_expand_12.gif    西黒尾根から朝日岳方面
thum_Tanigawa01_2013_0003.jpg




click_to_expand_12.gif    谷川岳を仰ぐ
thum_Tanigawa01_2013_0004.jpg




click_to_expand_12.gif    山頂付近より俎グラ方面 雲多いっすね
thum_Tanigawa01_2013_0005.jpg


朝から稜線部に流れ込んでいた雲は消えず、上層部はいまひとつな天気だが
一応谷川岳(トマノ耳)を踏むと「肩の小屋」まで下り、銃走路へ足を踏み入れる。


click_to_expand_12.gif    武尊方向
thum_Tanigawa01_2013_0006.jpg




click_to_expand_12.gif    オジカ沢ノ頭
thum_Tanigawa01_2013_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    重厚な茂倉岳
thum_Tanigawa01_2013_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    俎グラ
thum_Tanigawa01_2013_0009.jpg




click_to_expand_12.gif    谷川岳を振り返る
thum_Tanigawa01_2013_0010.jpg


途端に辺りは静寂、細尾根を独り歩いていく。
下って上り返したピークがオジカ沢ノ頭、山頂直下が谷川連峰独特のドラム缶型避難小屋だ。


click_to_expand_12.gif    万太郎山方面
thum_Tanigawa01_2013_0011.jpg


ここから俎グラへ足を伸ばそうとも考えていたのだが、踏跡薄く天気も良くないので先へ。
3時過ぎ、大障子避難小屋へ着くと、3分ほど斜面を下った水場でありがたく水汲み。


click_to_expand_12.gif    オジカ沢ノ頭を振り返る
thum_Tanigawa01_2013_0012.jpg




click_to_expand_12.gif    俎グラ山稜
thum_Tanigawa01_2013_0013.jpg


暫し右往左往、辺りを物色の後、幕営(適地無し)。
いつもどおりパスタで夕餉を済ますと7時過ぎ、明日の快晴を願いつつシュラフへ。



登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/271-6268de67