2013年10月12日、北岳塩見岳縦走初日の模様です。
北岳塩見岳縦走:広河原→北岳→間ノ岳→塩見岳→蝙蝠岳→伝付峠→早川





早朝、甲府南IC最寄の車中泊場所を出発。
暫しのドライブで下山口となる伝付峠入口到着。車を駐車して奈良田行きのバスを待つ。


10分ほど待ってもバスが来ないので、バス会社に確認すると土砂崩れの為運行していないとの事。
なぁにぃ~~~~~! っという訳で、再び車へ乗り込み急いで出発。


下山後の事は後で考えるとして、とりあえず奈良田へ急ぎ、最奥の駐車場へ駐車。
20分ほど待っていると広河原行きのバス到着、乗客多く立ったままバスに揺られる事1時間。


広河原へ着くと、案内所で早川町のタクシー会社を調べ、下山後の足を確保。
10時頃、ようやく登山道をゆるゆると歩き出した。 2009年秋以来の再訪です。


click_to_expand_12.gif    広河原より北岳
thum_Akaishi01_2013_0001.jpg


麓の色づきはいい感じ。
秋空の下、展望の良い大樺沢沿いの道を気持ちよく歩く。


click_to_expand_12.gif    展望の良い道を気持ちよく行く
thum_Akaishi01_2013_0002.jpg




click_to_expand_12.gif    いい色づき・・・
thum_Akaishi01_2013_0003.jpg


途中沢水を汲み、やがて二俣を過ぎると徐々に傾斜もキツくなり
水で重くなったザックを背に喘ぎつつ登る。
北岳山頂方面を仰ぐと雲が早足に通過しており、予報どおり主稜線は強風のようだ。


click_to_expand_12.gif    秋ならではのコントラスト
thum_Akaishi01_2013_0004.jpg




click_to_expand_12.gif    バットレス方向を仰ぐ
thum_Akaishi01_2013_0005.jpg




click_to_expand_12.gif    鳳凰山
thum_Akaishi01_2013_0006.jpg


やがて支尾根へ到達すると、さらに視界が開け
甲斐駒ケ岳・八ヶ岳・鳳凰山・富士山・間ノ岳っと、周辺の山々を一望となる。


click_to_expand_12.gif    間ノ岳
thum_Akaishi01_2013_0007.jpg




click_to_expand_12.gif    富士山を遠望
thum_Akaishi01_2013_0008.jpg




click_to_expand_12.gif    甲斐駒ケ岳
thum_Akaishi01_2013_0009.jpg


さあそろそろ夕刻、散策の後適地に幕営。
地形上の関係だろう、思いのほか風も穏やかで心静かにシュラフへ。


明日から楽しい縦走です。


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/266-be99de4a