2013年1月5日、女峰山登山2日目の模様です。
女峰山登山:行者堂→黒岩→女峰山→行者堂



4時過ぎ、シュラフから這い出す。
久々の極寒で、いつも以上に浅い眠り。 も、風は静まり快晴模様、なにより。

歯磨き→おしるこ→緑のたぬき→キジ撃ち→撤収。
夜明け前の6時半過ぎ、女峰山へ向けゆるゆると歩き出した。

ワカンで出発も、すぐ雪面のトラバースとなり、アイゼンへチェンジ。
やがて尾根を辿りだすと徐々に雪が多くなり、すね~膝下ラッセル。

click_to_expand_12.gif    前女峰の左奥に山頂
thum_Nyohousan02_2013_0001.jpg

click_to_expand_12.gif    夜明け間近の男体山
thum_Nyohousan02_2013_0002.jpg

時折視界が開け、日光の山々が望まれる。
ノートレース、朝の清々しくピリっとした空気、澄み渡る空、気持ち良いに決まっている。

click_to_expand_12.gif    朝日浴びる赤薙山
thum_Nyohousan02_2013_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    男体山・大真名子山・小真名子山
thum_Nyohousan02_2013_0004.jpg

8時半前、唐沢避難小屋到着。小屋内で一服後出発。
ここから更に雪が多くなり、踏み抜くと腰まで沈む。

急なガレ場でいったん沈まなくなるものの、再び樹林帯に入るとラッセルに勤しみ
小屋から1時間、9時40分頃、女峰山到達。

click_to_expand_12.gif    山頂到~着
thum_Nyohousan02_2013_0005.jpg

日光連山・白根山・谷川連峰・至仏山・燧ケ岳・越後駒ケ岳・会津駒ケ岳・那須岳 etc ・・・・・
移動性高気圧様到来で、視界最高。

click_to_expand_12.gif    帝釈山への尾根の先、白根山~谷川連峰~至仏山~燧ケ岳
thum_Nyohousan02_2013_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    男体山・大真名子山・小真名子山 背後に戦場ヶ原~白根山
thum_Nyohousan02_2013_0006.jpg

独り得心するまで風景を堪能すると、来た道を引き返す。
黒岩手前の幕営地点で荷物を回収すると下山開始。 2時半頃、白糸滝駐車場へ戻った。

帰路間もなく単独者(黒岩日帰りか?)とすれ違ったほか、誰とも会わない静かな山行。
多くの美しい雪景色と出会え、満足な登山となりました。

いつか、赤薙山→女峰山→小真名子山→大真名子山と縦走してみたい


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/234-3e5a0148