2012年10月14日、奥只見 末丈ケ岳登山の模様です。
末丈ケ岳登山:泣沢→三ツ又口→末丈ケ岳



魚沼の定宿化している車中泊場所を5時前出発。
奥只見シルバーラインのトンネル内にある泣沢避難口に車を停め、シャッターを開け外へ。

50mほど進むと駐車スペースがあり、ここが登山口となっている。
トンネル避難口のすぐ外が登山口という珍しさ。

身支度を整えると5時半過ぎ、末丈ケ岳へ向けゆるゆると歩き出した。
すぐに 「本流に架かる橋が亡失しており登山不可」 というような看板が見受けられるが
これは想定済み。 とはいえ不確定要素を抱えつつ進む。

泣沢沿いに40分ほど進むと本流(黒又川)と合流。
やはり橋は流されてしまったようで、鉄橋の土台だけが残っている状態。
「こんな高さまで水かさが増したのか~~~」  自然の力、恐るべし・・・

まあとにかく川原へ降りて、渡渉点を探さなければという事で
上流側へ暫し進んだところで斜面を下降、川原へ降りると更に上流へ暫し進み程よいところで渡渉。

急斜面をずぶずぶ上ると作業道と合流。
これを登山道だと勘違いして右へ進路を取るも、すぐに様子がおかしい事に気づき引き返し
ほどなく三ツ又口、ようやく登山開始となります。

道は尾根直登、越後の山らしく急登で高度を稼いでいく。
山深い山域、「山の真っ只中感」を味わいつつ歩く。
しつこい残暑の影響か、期待していた色づきにはまだ早かったのは残念。

click_to_expand_12.gif    奥に荒沢岳 僕好みの山深さ
thum_Mijougatake_2012_0001.jpg

高度が上がるにつれ、荒沢岳・駒ケ岳・中ノ岳と大好きな魚沼山塊や
残雪期に銀山平から歩いてみたい毛猛山の展望が開けてくる。

click_to_expand_12.gif    魚沼駒ケ岳・中ノ岳登場
thum_Mijougatake_2012_0002.jpg

click_to_expand_12.gif    山頂付近は初秋の色づき
thum_Mijougatake_2012_0003.jpg

click_to_expand_12.gif    高度を上げてきました
thum_Mijougatake_2012_0004.jpg

click_to_expand_12.gif    ギザギザ荒沢岳 左奥は遠く燧ケ岳
thum_Mijougatake_2012_0005.jpg

やがて尾根の向こうに燧ケ岳がのぞきだすと、秋色もちらほらと
尾根を登り詰めると9時半頃、誰も居ない末丈ケ岳に到着。

click_to_expand_12.gif    田子倉湖方面の山並み
thum_Mijougatake_2012_0006.jpg

click_to_expand_12.gif    どうしても惹き付けられてしまう 駒ケ岳・中ノ岳
thum_Mijougatake_2012_0007.jpg

click_to_expand_12.gif    魚沼(小出)方面 こじんまりとした町が見下ろせるのも僕好み
thum_Mijougatake_2012_0008.jpg

click_to_expand_12.gif    毛猛山方面 残雪期にいつか・・・
thum_Mijougatake_2012_0009.jpg

大好きな越後らしい山岳風景を1時間ほど堪能後下山。
「秋まっ盛り」とはいかなかったものの、静かな独り歩きが楽しめました。

次訪は、残雪期かな・・・?


登山ブログランキング参加中です。
この記事を読んで山へ登りたくなった方・風景を楽しんでくれた方
役に立った、楽しかった、面白いと思った方
下の登山ボタンを「ぽちッ」と押してくれるとありがたいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ     あなたのその優しい「ぽちっ」がこのブログを支えています。
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sliderbill.blog92.fc2.com/tb.php/220-c814cbf1